Story 取材記事

1階だけで生活できる、40代夫婦の楽しい家/札幌・I邸/アシストホーム

目次

アシストホームで念願のマイホームを建てたIさんご家族。ご夫婦と高校生の息子さんの3人家族です。マイホームを建てるにあたって、Iさんご夫婦の希望がどのように実現されたのか、さっそくお宅を拝見させていただきます。

ご主人が熱望したビルトインガレージがカッコいい!



四角いフォルムに窓が少ないシンプルでスタイリッシュな外観。オフホワイトとブラウンが基調の落ち着いた雰囲気が住宅街に自然に溶け込んでいます。見た目の良さはもちろん、雪の多い札幌で重宝するビルトインガレージは、ご主人の一番の希望だったそうです。

扉付き収納とガレージ直結で使いやすい玄関



玄関を入ると、正面には扉付きの大型ウォークインシューズクローゼットが。ご家族の衣類や靴・小物などはすべてまとめて収納。その横にはベンチとしても使える飾り棚。土間には床暖房が施工され、ビルトインガレージと直結する出入り口もあります。北海道の寒い冬でも快適に使えるのが嬉しいですね。



吹抜けからたっぷりと日差しが差し込む明るい廊下を抜けるとリビングです。階段下の壁には遊び心たっぷりのニッチが。息子さんもブロックのコレクションを飾ってアレンジを楽しんでいるそう。
Iさん邸は、生活感が出ないよう収納スペースをしっかりと確保する一方で、お気に入りのインテリア雑貨を楽しみながらディスプレイできるスペースがたくさん。思わず見とれてしまいます。

リビングは高天井・大開口サッシで、とにかく明るく暖かい



リビングはとても明るく、冬場の取材だということを忘れてしまいそうな暖かさ。南側一面が掃き出し窓で天井も高いため、開放感も抜群です。角地のため南に隣家はありませんが、道路からの視線が気にならない高さの塀、東側には隣家から見えない高窓(ハイサイドライト)を設け、プライバシーを守りながらも、日の光をたっぷりと取り込みます。


「開放的なリビングにしたいという希望を伝えて何社かにプランをいただきましたが、アシストさんだけが吹き抜けではなく高い天井のプランだったので驚きました。天井を上げるという発想はなかったので。実際に住んでみて、心地よい開放感と暖かさを毎日実感しています」と奥さま。

暖かい家にしてほしいというご主人の希望で、窓はすべてトリプルサッシ、ネオマフォーム50㎜の付加断熱で高い断熱性を確保。冬の暖かさはもちろん、遮熱効果で夏も涼しい、1年中快適な高性能住宅です。

ママに嬉しい、家事効率が上がる回遊動線



「作業する手元がリビングから見えないようにしてほしいとお願いしました」

視線を気にせず作業に集中できるよう、見せる部分と見せない部分にメリハリをつけて設計されたキッチン。調理スペースはリビングから見えませんが、ちらりと見える調理台の背面には落ち着いたグレーのタイルがお洒落。ご家族の気配がほどよく感じられる、お料理好きな奥さまに嬉しいつくりです。ご主人もコーヒーを淹れるのが得意で、よくご家族やご友人に振る舞うそう。ご夫婦でキッチンに立つ時間が増えたとは羨ましい限りです。



洗面所はキッチンとつながっていて、その先には脱衣所とお風呂がありました。脱衣所は扉付きなので、ここでもプライバシーはしっかりと守られています。収納スペースもたっぷり。造作の洗面台はブルーのタイルが目に鮮やかで、さわやかな印象です。

「水回りの行き来がしやすく、家事もしやすいですね。デザインも気に入っています」

ご主人がホッと一息つける癒しの書斎スペース



階段を上ってすぐ正面に、ご主人が希望した書斎スペースがありました。造作の大きな棚には書籍だけではなく、ご主人のお好きなコレクションが並んでいます。ひとりの時間を楽しめる隠れ家的空間で、毎日の疲れも癒されそうです。

散らかりやすいコード・ルーター類はデスク下の専用スペースに収納。管理がしやすく、見た目にもすっきりとしています。

老後を想定して部屋を配置

2階には洗濯物干し専用スペースと納戸、主寝室、子ども部屋が一部屋。将来的に使わない部屋が最小限になるように部屋数を少なくし、そのぶん1階リビングにゆとりをもたせました。

「老後のために、1階だけで生活できるようにしたいとお願いしました。1階に洋室を一部屋作ってもらって、将来は主寝室にしようと思っています」



S.O.Dリキッド工法でシックハウス症候群が起こらず安心

マイホームを建てるにあたって、心配だったのが息子さんのシックハウス症候群。何社かモデルハウスに行ったときも、家に入った瞬間から息苦しさや身体のかゆみを訴え、マイホーム建築を諦めようかと思ったこともあったそう。

「どうしようかと困っていたときに、S.O.Dリキッド工法を思い出しました。ここの場所はもともと母の持家で、以前リフォームでS.O.Dリキッドを使ったときにアレルギー症状が起こらず、においも気にならなくて良かったなって」

住宅会社を決めかねていたIさんでしたが、プランに一目ぼれしたアシストホームがS.O.Dリキッド工法を採用していたこともあり、すぐにお願いすることに。モデルハウスを訪れ、アレルギー症状が出ないことをしっかりと確認できたので、安心してお任せできたそうです。

それぞれの趣味を満喫、我が家で過ごす毎日が楽しい



毎日が快適で、家族が家にいる時間が増えましたと笑顔の奥さま。季節やイベントに合わせたインテリアやグリーンで部屋を彩り、趣味のお料理やパッチワークを毎日楽しんでいるそう。ご主人もご自分で淹れたコーヒーを飲みながら、ダイニングや書斎でゆったり。息子さんは玄関からつながる廊下や、自室の飾り棚をコレクションのレゴブロックでアレンジ。ご家族それぞれが趣味を満喫しているようです。

「アシストさんが提案してくれたプランは理想どおりで、そのままお任せしたと言ってもいいくらい。想像以上の仕上がりに大満足です」

家族のライフスタイルに合わせたアシストホームの丁寧な家づくり。念願のマイホームで、Iさん一家の素敵な思い出がこれからもどんどん刻まれていくのでしょうね。

2019年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事