Story 取材記事

住み心地も満点のカントリースタイル 六角屋根の家/音更町Kさん


通勤にも生活にも便利な高台の住宅街。その印象的な外観から住宅公開時には見学希望者でにぎわったというK邸には、ご夫婦と二人のお子さんが暮らしています。

「元々持ち家願望があった」というお二人ですが、カントリースタイルが好きでインテリア重視の奥様に対してご主人は性能や暮らしやすさ重視。悩んだ末にたどり着いた建築会社は、芽室町のカントリーヴィレッジでした。

外観は土地を活かしたデザイン



一部を六角形にした屋根が特徴的な外観は朝日良昌社長による設計。角地という立地を活かしたデザインです。六角屋根部分はご主人の書斎になっています。



玄関を入ると隣にはシューズクロークが。出入り口には、来客時以外は開け放しておけるカーテンやスイングドアを取り付けました。

好みのスタイルで暮らしやすく。理想を叶えるフレキシブルな設計



「色々な家を見学に行きましたが、注文住宅であっても規格が決まっていたり、設備の選択肢が少なかったりする会社も多かったんです。カントリーヴィレッジでは、間取りはもちろん収納や照明の位置、設備、インテリアなど、細かなところもすべてオリジナルの仕様。当然、見た目だけでなく暮らしやすさも違います」

そう案内いただいた室内には、様々な場所に収納がたっぷり。入れたいものが増えていくことを見越して、位置やサイズを相談しながら作ったそうです。



大きな吹抜けが広がり、光に満ちたLDK。足元には床暖房のパネルが入っています。
「カントリーヴィレッジの断熱性能は『標準仕様』がなく家ごとに検討するスタイル。サッシはトリプルにし、付加断熱も入れるなど、性能部分も納得の高断熱住宅が出来上がりました」(ご主人)



ダイニングとリビングは「空間を分けた方が落ち着ける」とKさん。焼肉などの際に匂いが回らないよう、リビングとの間にはロールカーテンを付けました。

使いやすさも抜群の造作/オーダー家具



キッチンのシンク上部の壁にはニッチを作り、洗剤や調味料を収納。普段使っている洗剤の高さが収まるように計算されたサイズです。
システムキッチンはタカラ製。シンクの真下に食洗機が配置でき、予洗いした食器を入れる際に水が垂れないところが決め手で選びました。




食器棚はインテリアコーディネーターの八木睦美さんと相談して図面を引いたオーダーメイド。製作は音更町のFARMER’Sです。
「私が”こう使いたい”と描いたラフスケッチを、八木さんが綺麗なイラストにしてくれて。立体的なイラストなので生活の中で使うイメージもわきやすかったです」(奥様)
米びつなども入るようにサイズを細かく指定した棚は使いやすさも抜群です。



洗面台にはカウンター下と鏡の裏と脇に収納棚を造作。カウンターの上が乱雑にならないよう、棚の内部には髭剃り機などが充電できるコンセントもつけました。

遊び心を加えたオリジナルデザイン




リビングのインテリアのアクセントになっているのが階段脇に造られた飾り棚です。よく見るといくつかの棚には小さな扉がついています。
「ガラス細工の置物をたくさん持っているので、それを飾りたくて造ってもらいました。扉がついている棚にはダウンライトが入っているので、夜にくつろいでいる時にそこだけ照明をつけて楽しんだりしています」(奥様)



主寝室は落ち着いた配色を選びました。



廊下のニッチは、内側だけ壁紙を変えたこだわりのデザインです。
「この壁紙のこの部分をこういう角度で貼って欲しい、というような細かな要望についても、八木さんは嫌な顔をせず、逆に楽しみながら一緒に検討してくれました」(奥様)と、丁寧な打ち合わせが思い通りのインテリアにつながりました。



2階に作ったご主人の書斎は、5つの壁と扉に囲まれた2.94帖の空間です。
「部屋が小さいのも落ち着くし、この形状のおかげで手をのばせばプリンターや本棚など全てに届くというのも気に入っています」と、仕事の効率もよいお気に入りの場所になりました。



照明は月を模したペンダントライト。「家の外から見ても雰囲気良く見えるように」と、位置にこだわって取り付けました。



気になる住み心地を訊ねると「最高です」と声を揃えたお二人。性能もインテリアも納得できる仕様を細やかに決めていったので、家の中の色々な箇所に愛着があるのだといいます。
「娘たちも回遊式の間取りを活かして走り回ったり、リビングが広いので縄跳びしたりもしていますよ。実家の両親もよく訊ねてくるんです」と、思い描いたとおりの家に暮らせる幸せをご家族全員で堪能しています。



建築概要


1階床面積 95.55㎡(28.9坪)
2階床面積 62.84㎡(19.0坪)
延床面積 158.39㎡(47.9坪)
構造・工法 木造(枠組み壁工法)
断熱(壁) 高性能グラスウール140ミリ 付加断熱:硬質ウレタンフォーム30ミリ
断熱(天井) 吹込グラスウール400ミリ
断熱(基礎) ネット吹込グラスウール235ミリ
断熱(窓) 断熱樹脂サッシLow-Eトリプル
換気 第1種換気システム
暖房 セントラルヒーティング(エコジョーズ)

2022年09月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社カントリーヴィレッジの取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!