Story 取材記事

「見えなくなる部分の品質も確認!」サンケイ建匠の構造見学会レポ

住宅の完成見学会に行くと、どの家もステキです。でも、「構造は頑丈なの?」「暖かい家にしてくれるのだろうか?」と心配になる人は、建てている途中も確認したいもの。そこでサンケイ建匠さんでは、完成見学会以外に構造見学会を数多く開催しています。1月19、20日には今年最初の構造見学会が江別市で行われました。

13011920_sankei_gaikan2-2.jpg建築途中のため、足場がかかっている。どんな外観になるのか楽しみ
「なんでも聞いてください」と迎えてくれたのは、常務の入山俊也さん。伺ったのは2日目でしたが、ご近所の方々が興味を持って訪れているそうです。
13011920_sankei_welcome.jpg「当社にはアフターサービス専門のスタッフもいるんですよ」と説明してくださった入山常務
内部は柱や梁などの構造材や断熱材、配線などが丸見えの状態。いかにも「建築途中」って雰囲気です。でも、小さなお子さん連れでも何かにつまずいたり階段で滑ったりしないように安全面の配慮をしていますので、危なくはありません。
13011920_sankei_naikan1f2-2.jpg1階リビング。写真の奥は小上がりスペースかな!?完成が楽しみですね。右の階段にも注目。工事が進んでいるので危なくありません
壁は外断熱と内断熱とのW(断熱)で暖かさをキープ。暖房は高性能エアコン2台と省エネ給湯器「エコキュート」の採用。オール電化住宅ですが、最も寒いこの時期でも1カ月の光熱費(暖房、給湯、一般家電など全て含む)は2万5000円以内で済むとか。
13011920_sankei_naikan2f.jpg2階の様子。むき出しになった木材や壁に、ちょっとした社会科見学のようなワクワク感が!
「末永く暮らす場所だからこそ、私たちは住まいの造りを見てもらうことも重要だと考えています。どうぞ遠慮なくいっぱい質問してください」と入山さん。専属の大工が責任を持って施工し、完成まで検査を何重にも行うサンケイ建匠さんならではのポリシーと自信が感じられました。
竣工後には完成見学会も行われることが多いので、あわせて行くことをおすすめします。これまでの家に対する視点が変わるかもしれません。(参考記事「構造見学会&完成見学会で"なるほど!"がいっぱい」
 

2013年01月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事