Story 取材記事

30坪の敷地に開放的で明るい家!エアコン2台であったかいんだから♪/サンケイ建匠

札幌市西区で開かれた、サンケイ建匠さんの「組込車庫のある2階リビングの家」完成見学会におじゃましてきました。JRや地下鉄駅も徒歩圏内、周辺はショッピングや公共施設もある便利な立地です。今回は土曜日1日限りという公開で、たくさんの見学者が訪れていました。

sankei150314_0365.jpgオーナー家族はサラリーマンのご主人と奥さま、そして今春進学するお子さまの3人です。30坪の敷地を有効に生かすため、サンケイ建匠さんがビルドインガレージにすることを提案しました。
できあがった建物は予算内に収まり大満足。さらに「光を採り入れた明るい家」というオーナーさんの希望をかなえ、各部屋に日差しがたっぷりとまわるおうちになりました。
150314sankei_0352.jpg玄関ドアを入って右側の扉を開けると、ガレージがあります。ガレージの奥にも物置として使える収納庫を造りました。このほか、1階には子ども部屋とウォークインクローゼット付きの寝室があります。
150314sankei_0339.jpg2階のリビングに上がると、明るーい、広ーい♪
何よりも2.6Mと天井が高いのです。現しにした木の梁もいい感じ。
暖房は1階と2階にエアコンが1台ずつ。W断熱方式で、室内のすべてがあったかいんです。

「エアコンで本当に暖かいの?」と尋ねるお客さまもいるそうですが、サンケイ建匠さんは早くからこのエアコン暖房を採り入れています。何年も住んでいるOBのオーナーさんたちがその良さを既に実感しているとか。エアコンは初期費用、ランニングコストの両面でも優れ、夏は冷房に使えるのもいいところです。
150314sankei_0361.jpg「天井、高いですよね」「コンセント、いっぱいありますね~」
見学者さんと、サンケイ建匠の入山さんが和やかにお話ししていました。
サンケイ建匠さんは、みずからお客さまにバンバン話しかけるようなことはしません。お客さまが何か話されたときや、質問してきたときに、分かりやすく説明している感じです。「サッと見たいという感じの方や、あまり話しかけられたくないような方にはじゃまにならないように」という程良い距離感、いいなあと思いました。
150314sankei_0348.jpg

玄関側からこの高窓の存在は見えません

リビングの隣の部屋に入ると・・・さらに高い!見上げると首が痛くなるようなこの高さ。サンケイ建匠の妻野さんに聞いてみると「4.6Mあります」。
家の外観を正面から見たときはフラット屋根に見えましたが、この部屋は部分的に屋根を高くして高窓(ハイサイドライト)を付けて南側からの日差しを効果的に取り込みました。この部屋は北側なのですが、ハイサイドライトを採り入れたおかげでかなり明るい。
また、弓道をされているオーナーさんがここでフォームの練習をするために、天井高を高くしたいというご希望もあったそうです。収納棚には、その道具を置くための台もありました。
それにしても、弓道のフォームを取るってどんな感じなんでしょう。
 

150314sankei_0332.jpg「こんな感じですかね」。妻野さん、モデル役をありがとうございました!
ちなみに、この部屋には取り外し可能な物干しも付けられていて、空間が上手に活用されています。天井が、柔らかな色を持つシナ板の現し仕上げなのもいいですね。
150314sankei_0336.jpg入山さんがお客さまと話しているダイニングの横には、バーベキューができる広さ6畳のバルコニーもあります。オーナーさんの希望で、水とお湯の両方が出る水道も設置されていました。「うわ~、広いですね」「いいですね~」と、見学者の方たちにも好評のよう。
サンケイ建匠さんを取材させてもらうたびに感じるのが、湯浅社長をはじめ社員の方々の誠実さです。湯浅社長によれば、今回のお宅では「今まで使っていた家具を新居でも使いたい」ということで、家具一つ一つがきっちりと納まるように、オーナーさんとメールなどで何十回も打ち合わせを行ったのだとか。
完成見学会のほかにも「構造見学会」を開いて施工の確かさを見せてくれるサンケイ建匠さん、来られた方への「押し」は本当に無いので、興味のある方は気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。
 

2015年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事