Column いえズーム コラム

札幌で総雨量310㎜の雨が降ったら豊平川破堤し市内一体が浸水の想定・・・でも今日250㎜に達するなら結構ギリギリでは?

1 もともと札幌は洪水に弱い
札幌市は、豊平川、発寒川等の河川の他、石狩川本流のはん濫によって土砂等が堆積した扇状地に位置していること等から、河川改修が進んだ現在でも潜在的に水害の発生しやすい地域。

2 洪水リスクの認識が弱い札幌市民
札幌市では、昭和 56 年以降、堤防の決壊を伴う大規模な洪水は発生していない。しかし、
近年、10 分間に 14mm(平成 11 年 8 月末:白石区)といった短時間に強い雨が降り、道路が浸水したり、住宅の半地下部分(地下駐車場等)が浸水したりする等の被害が年に数件程度発生している。
この水害事象は、記録的な降雨や集中豪雨に加え、市街地の都市化に伴い保水する田畑の
減少やスノーダクトの普及等により、雨水が短い時間に大量に下水道に流れ込み、排水しきれなくなったことが原因であると考えられている。ニュータウンなどで土地が大規模に改変された地域が多い。

3 札幌市のシミュレーション 310㎜で豊平川破堤し大水害

豊平側は日本有数の急流で、札幌市の中央部を流れている。
総雨量310㎜を超える雨が降ったら、市のシミュレーションでは
大雨洪水警報→注意報→39時間後に豊平側の水位がピークになり、幌平橋下流左岸の堤防で破堤。
破堤後30分で水はすすきの手前に。創生川通りでアンダーパス水没
破堤40分後→すすきのから地下鉄ホームに水が流れ込み浸水と停電。地下街で犠牲者発生。
破堤60分後→大通り公園、80分後には札幌駅周辺も浸水。
破堤10時間後→はん濫水はばらと付近にまで達し市内市街地の広いエリアで被害発生


とのこと。

シミュレーション豊平川氾濫!その時何がおこるのか!
札幌市制作の動画↓
http://www.city.sapporo.jp/kikikanri/torikumi/duties/documents/l01_03_02.asx

参照。

2011年09月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。