Story 取材記事

子どもがのびのびと暮らせる家・イネスホームの完成見学会

11月2~4日に行われたイネスホームさんの完成見学会に行ってまいりました。子育て世代が多く住むニュータウンにあるお宅です。

131103ines_gaikan2-2.jpg
会場へは、道の曲がり角や住宅前に分かりやすいイネスさんの看板があって迷わず来られました♪。雨上がりの空に、モダンなツートンカラーの外観が映えています。
131103ines_livingroom2-1.jpg
さっそくリビングルームにおじゃましま~す。
あたたかみがあるナラ材の無垢フローリング、そして奥にはアンティーク調に造作したキッチンカウンター。イネスさんらしいナチュラルでおしゃれな空間です。
「料理にはガスと電気どちらがいい?」「食器洗い機は必要かしら」と尋ねる見学者の方に、営業の加藤さんがそのメリット・デメリットなどを詳しく説明していました。ふーむ、そんな細かいところも教えてくれるんですね。ちなみに、この家ではエコジョーズ(ガス)を使っているそうです。
131103ines_washstand.jpg
こちらの洗面化粧台も、イネスさんの造作によるもの。白いタイルとダークブラウンの木を使い、奥さまが望んだという「落ち着いた可愛らしさ」が実現されています。向こうに見えるのはキッチンスペース。玄関からこのユーティリティーを経由してリビングに抜けられる、便利な回遊動線になっています。
131103ines_giri_kizroom.jpg
当日は、ちょうどオーナーさんご家族も来られていました。小さな息子さんは、子ども部屋のおもちゃで一心に遊んでいます。
「はい、こちらから出てくださーい」と呼び掛けてきたのは娘さん。
・・・って、収納スペースじゃないですか。さては閉じ込める気ですかっ!
「ふふふ、引っかかった~!」人懐っこいお嬢さんです♪
2階の広い子ども部屋にはドアが2つ。お子さんたちが成長した時に、壁を区切って個室を造れるようにするためだそうです。
131103ines_stairwell.jpg
娘さんがいちばんお気に入りのようだったのは、この吹き抜け空間。2階のフェンスから、ずっと眺めていました。1階から見上げてみても、この開放感!うん、やはりうらやましい。
弟クンもリラックスしていて、のびのびとした暮らしの様子が既に見えるようです。

ピンポーン。チャイムが鳴って、また新しい見学者のご夫婦が入ってきました。
「おっ、いいねえ」「木の感じが素敵ね」
本当に、こんなふうにつぶやいてしまう家、なんですよねえ。

2013年11月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事