Story 取材記事

アクメファニチャーが似合う家。新商品「Smart CollaBox」/リヴスタイル


人気商品CollaBoxシリーズに第4弾「Smart CollaBox」が加わりました。

豊富なプランからライフスタイルと予算に合う家をセレクトし、カスタマイズが可能なリヴスタイルの家。

昨年夏に発表された、趣味を彩る広い土間玄関のある家「CollaBox+Do」に続く、新たなラインナップです。

狭い間口でもゆとりある住空間を



「Smart CollaBox」は建物の間口(幅)が3.5間(約6.3m)で奥行きがある縦長なお家。土地の条件が難しくても、建てやすいデザインになっています。



LDKは吹き抜けに大きな採光窓+鉄骨のスケルトン階段があり、ダイニングを中心に伸びやかな空間が広がります。

玄関周りの使い方で3LDKにも、4LDKにも



「Smart CollaBox」モデルハウスは、玄関土間を広くとった3LDKタイプ。玄関を通常サイズにした、1階に1部屋ある4LDKタイプの間取りもあり、ライフスタイルに合わせて選択が可能です。



ファッション好きのオーナーをイメージして建てられたモデルハウスは、コートやカバンなどの収納はもちろん、お出かけ前の準備のしやすさにも配慮したプラン。
ウォーク・スルーの収納で2wayになった動線は使い勝手を重視。

ACME Furnitureでコーディネーション



モデルハウスの室内は60~70年代のアメリカン・ヴィンテージを扱うACME Furniture(アクメファニチャー)の家具でコーディネーション。床には色合いが個性的なアカシアの無垢材を使っています(どちらもオプション仕様)。



ミッドセンチュリー特有のポップな色合いや、優雅なデザインを反映したインテリア・コーディネートにも注目です。

家事&子育てが楽しくなるプラン



サブウェイ・タイルがおしゃれな洗面化粧台は便利な三面鏡タイプ。家族みんなで並んで使える約180㎝のゆったりサイズです(オプション仕様)。



2階ホールのカウンターコーナーからはリビングで寛ぐ家族の様子が見渡せます(オプション仕様)。



デッドスペースになりがちな階段下はママコーナーに。



土地の条件が難しくても「Smart CollaBox」なら、自分らしいワクワクする暮らしが叶いそうです。

モデルハウス見学のお申し込みは同社ホームページから

2019年08月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事