Story 取材記事

時間をかけて創り上げた上質な住まいを見学!/シノザキ建築事務所

GW後半の5月3日、シノザキ建築事務所さんの住宅公開を聞いて、見学に行きました。またステキなおうちが見られる~と期待しながら。

今回訪れたのは、有名パン屋さんチェーンの会社を営む30代オーナーさんのご夫婦と2歳の女の子が住むお宅です。大手ハウスメーカーも回っていたそうですが、シノザキ建築事務所さんの見学会に初めて来場。家のできばえを見るなり、その場で「シノザキさんに頼むよ」と即決したとか。
 

140503shinozaki_1_gaikan.jpgオープンの1時間後に訪れたにもかかわらず、家の周りには見学者の方々の車がズラリ!三角屋根にウォルナット(クルミ)色の天然木の外壁、そして同色のカーポート。ドアを開けるのもワクワクします。
140503shinozaki_2-1_living.jpgウォルナットの無垢床に生成り色の塗り壁、シンプルながら上質感ある明るいリビングです。吹き抜けの下にあたるスキップフロアには、落ち着いた色の造作ソファーが。親子で遊んだりゴロンと横になったり、お客さまが来てもリラックスして過ごせそうなスペースです。
140503shinozaki_4_kizspace.jpgキッチンから続く場所に、こんな可愛らしいキッズスペースが。奥さんがカウンターで料理や洗い物をしながら、娘さんと楽しくコミュニケーションできそうですね。
140503shinozaki_3-2_restroom.jpg見てください、このトイレ。造作のカウンターや洗面ボウル、壁紙からペーパーホルダーまで、使い勝手の良さと統一されたセンスを感じます。
それぞれの部屋にも個性があって、細かいところまで見どころがいっぱい。「わあ、いいなあ~」と、子ども部屋をのぞいた女の子の声も聞こえてきました。来られたみなさん、じっくりと見学している感じです。
インテリアを担当している篠崎正子さんに、少しお話を聞いてみました。
――着工してから完成までに8ヶ月かかったとか、長いですね!
「いいえ、うちでは割とよくあるパターンですね」
――どうして、そんなに期間がかかるんですか?
「そうですね、お客さまがご自分でどんな家にしたいかという希望を、具体的にすぐ言葉で表すのは、じつは難しいことだと思うんですよ」
――言われてみれば、そうかも・・・
「こちらのオーナーさんも『子どもに目が行き届く開放的な家にしたい』といった希望はありましたが、ほとんどはおまかせでした」。
――それでは、シノザキさんがプランを決めていったと。
「いいえ、最初に一応プランは作りますけれど、時間をかけながら1つ1つお話ししていく中で"お客さまはこうしたいのでは、これがお似合いになるのでは"といったイメージが見えてきます。その上でご提案してみると『これ、好きですね!』と、お客さまがおっしゃってくださる感じですね」
建築家の篠崎社長も「設計からデザインまで、うちの提案力の高さを気に入ってくださったと思っています」と話すように、1度で会社を決めたオーナーさんもお目が高かったようです。シノザキさんはこの住宅のほか、パン屋さんの店舗リニューアル※ も手掛けているそうですよ。

※シノザキ建築事務所の ブログ をご覧下さい
 

2014年05月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事