Story 取材記事

ハンモックのあるリビング/江別市Mさん リビングワーク


遊具や広い遊び場がある大きな公園を窓から望む住宅街の一角。
シックなネイビーのガルバリウム鋼板張りの外観、白砂利と枕木を敷き込んだアプローチが玄関へと続くMさん一家の新居におじゃましました。
M邸は、シンプルな外観からは想像がつかないほど、遊び心いっぱいで楽しく、こだわりが詰まった住まいです。



玄関とLDKの間の引き戸は、中の様子がさりげなくうかがえるすりガラスを採用。土間右手には家族用のシューズクローゼットが配置されています。



ご主人は家づくりのきっかけについて「以前はマンションに住んでいたのですが、遊び盛りの子どもたちが家の中を走り回り、周囲に迷惑がかかってしまうことが気になっていたんです。そこで、子どもが小学校に上がる前に家を建てたいと思い、土地を探し始めました」と話します。



土地探しと並行して、家づくりの勉強と工務店探しも行ったMさんご夫婦。
そんな中、奥さまが以前から「この家ステキだなあ~」と思っていたお宅が、偶然ママ友の家であることが判明。中を見せてもらい「同じところで建てたい!」と行き着いたのがリビングワークでした。



「モデルハウスなどを見に行って『こういう家にしたい』と相談しても『難しい』と言われて、希望を実現するのを諦めかけたこともありました。でもせっかく家を建てるなら妥協はしたくなくて…。リビングワークの三好さんは、どうしたらいいかを常に一緒に考えてくれて、信頼できると感じたんです」と奥さま。



家づくりで後悔しないためには、いい意味で「わがままを通すこと」も大切。どんな家にしたいのか、どんな暮らしをしたいのかを聞き取り、二人三脚で理想の家を具現化していくというリビングワークの家づくりに、Mさんご夫婦の思いはぴったりとフィットしました。

凝り性だという奥さまが自分で図面を描き、イメージを伝えて完成したのは「暮らしているだけで毎日が楽しくなる家」です。



まるでカフェのような雰囲気のダイニングキッチンに、階段下の隠れ家スペース。センスと遊び心が光るLDKです。
キッチンカウンターの側面には無垢板を張り、サブウェイタイル風のクロスで仕上げたキッチンの背面収納には、ブラックで統一した家電を置いています。
ダイニングテーブルは、キッチンの雰囲気に合わせて造作しました。統一感があって心地のよい、家族の団らんの場となっています。



ダイニングの隣に配したスタディスペースは、2本の柱でほどよく目隠し。将来は書斎スペースなどにも転用できるフリーな空間です。



キッチンの奥にはパントリー兼ワークスペースを作り、左のドアからはユーティリティにつながる、家事のしやすい回遊動線。



2階も奥さまのこだわりが発揮されています。2つの子ども部屋は、個性的なクロス使いが目を引く内装で、共有のクローゼットでつながる設計。洋服の貸し借りなど、姉妹だからこそできるお楽しみもありそうですね。



また、寝室のウォークインクローゼットは海外のブティックをイメージしたゴージャスな壁紙を採用しました。

インテリアの重要なアクセントになるデザイン照明やカーテンが、プランの予算内で選べたのも魅力だったといいます。



リビングの大きなビーズクッションに寝転んで、吹き抜けの窓から星空を見上げながらビールを飲むのが、この家での最高の楽しみだというご主人。
「家づくりが楽しすぎたので、今は『リビングワーク・ロス』なんです」と幸せそうに話すご夫婦の笑顔が印象的でした。


2020年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社リビングワークの取材記事

江別・北広島の取材記事