Story 取材記事

アフターコロナの暮らしにもフィットした住まい 札幌市厚別区O邸/リビングワーク


ナチュラルな中に個性を演出した住空間

ゆったりとした空間が広がるLDKは、階段を中心に、玄関からユーティリティ、キッチンへと続く家事動線とつながる便利な回遊式になっています。

「男前な雰囲気」をプラスしたいという奥さまのリクエストで、落ち着いた配色のキッチンがアクセントになっています。



グレージュ色のクロスや無垢フローリングを採用し、「ナチュラルテイストだけれど個性を出したかった」という奥さまの希望を叶えたダイニングは、大きな窓から光を採り込む居心地の良い空間になりました。



リビング横の和室は、来客用に使ったり、赤ちゃんのお世話やプレイルームなど、子育てにも重宝しそうです。



玄関横には大容量のシューズクロゼットを確保しました。向かって玄関ドアの右手はユーティリティーにつながっており、帰宅後すぐに手洗いやうがいができる動線にしています。

高性能住宅が建てられる地域密着な会社

「厚別区を希望した私たちにとって、厚別に拠点を置くリビングワークさんは、このあたりの土地を知り尽くしているのでとても信頼できました」と奥さま。

「土地ありきの出会いでしたが、これまで見てきたどの会社よりもリビングワークの家は素敵で、高い住宅性能にも魅力を感じました。担当の三好さんの、相談しやすく誠実な人柄にも惹かれました」とOさん。

「断熱のことばかりを考えていたのですが、快適な住まいの実現には気密も大切だということを、三好さんが丁寧に教えてくれて、気密測定にも立ち会わせてくれました」。



アフターコロナの新生活様式にも対応したプラン

玄関からユーティリティ、キッチンへと抜ける回遊動線は、「うがいや手洗いを済ませてから室内に入りたい」という、きれい好きのOさんの希望でした。「今の時代にぴったりですよね」と奥さま。

中2階のワークスペースもOさんの希望。リビングに面した吹き抜けで、「家族の気配を感じながら、集中もできる快適な場所になりました」と大満足のご様子。今後も増えそうなリモートワークでも活躍しそうです。

家づくりや、暮らしてみての感想は?

「ストレスなく楽しんで家づくりをすることができ、おかげで自慢のわが家となりました。以前のマンション暮らしでは、風が抜けず、夏はとにかく暑かったんですが、新しい家は風と光がちょうど良くて嬉しいです」。

新しい住まいが完成する3ヶ月前に娘さんが誕生し、現在3人家族のOさん。「子どもとビニールプールで遊んだり、庭に野菜や花をたくさん植えたい」と新しい暮らしへの期待も語ってくださいました。

2020年11月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社リビングワークの取材記事

札幌圏の取材記事