Story 取材記事

モノづくりの熱意に共感。性能重視の家づくり 小樽市K邸/江田建設


以前暮らしていた住宅で様々なトラブルに見舞われたKさん夫婦。住宅性能、品質に対する熱意が溢れる江田建設、江田社長の話を聞いたのが新築のきっかけになりました。中学生と小学生の娘さん+ワンちゃんと暮らすご夫婦に、そのいきさつを伺います。

不具合続きのトラウマから、興味を持った江田建設の住宅性能


玄関から土間、LDKまで一直線。


ご主人 この家を新築する前に購入したのは、職場に近い築30年ほどの3階建て・2世帯仕様の家です。しかし、とにかく寒く、配管の劣化や、すがもれ(※)で天井が抜け落ちるといったトラブルが続いて……。修繕を繰り返しつつ我慢しながら10年ほど暮らしました。しかし、光熱費の高さも負担になり、フルリフォームを決意。リフォーム会社数社に話を聞いてみたものの、予算の範囲では全面的な課題解決は難しい状況でした。
※すがもれ(スガモリ):屋根の積雪が原因の水漏れ



悩んでいた時に、インターネットで見つけたのが地元・小樽の江田建設でした。断熱や気密、換気など、住宅性能の詳しい話に興味を持ち、会社を訪ねたことが江田社長との最初の出会いになりました。


ご主人は「屋根の雪おろし、点検などで屋根に上る必要が無い家」を希望。江田建
設は、トタン屋根ではなく耐久性に優れる塩ビシート防水が標準仕様でした


江田社長は、高気密の大切さやパッシブ換気の仕組み、重要性など、快適な住まいに必要な住宅性能について熱く語ってくれたそうです。

小樽で50年ほど続く鉄工所の3代目であるご主人は、住宅建築と真摯に向き合う江田社長の姿勢に、ものづくりを仕事とする者同士、共感するものが多かったと振り返ります。

Kさんはリフォームの相談を進めながらも、「今後20年、30年と住み続ける暮らしを考えれば、リフォーム資金をもとに家を新築する方がよいのでは?」と、次第に考えが変化したといいます。

「しっかりとした住宅性能と換気システムを構築するなら、中古住宅をリフォームするより、新築の方が確実です」という江田社長の意見も後押しとなり、家を新築することに決めました。

土間続きのリビングやキッチン収納、ピアノ部屋などを盛り込んで



パントリーの扉はアルミ板に穴を開けたパンチングメタルなので、扉を閉めたまま炊飯器を使っても水蒸気が溜まりません。左側の扉は食品庫。冬は外気を取り入れて冷蔵庫代わりに


新築するにあたって間取りを考える際は、江田建設が過去に手掛けた設計プランを参考に、Kさんが、我が家はどんな配置にしたいかパズルのように考えて、部屋数や間取りの希望を伝え、K邸のプラン作りは進んだそうです。ご主人は、作業スペースがある土間続きの吹き抜けリビングを希望。極力シンプルな暮らしを目指す奥さまは、収納面や暮らしやすさを大切に、さまざまな工夫を盛り込みました。

奥さま キッチン収納は、食器や家電、ゴミ箱まで、すべてが無駄なく収まるように高さや幅を考えています。キッチンの水回りは、手を使わずに足で水栓の出し止め操作ができるTOTOを採用しました。手が汚れている調理中でも水栓レバーを触らなくていいので、とても便利ですよ。


キッチンカウンターの下に、足先で操作するフットスイッチがあります



リビングに面した部屋には、娘さん用のグランドピアノを置きました



リビングと2階をつなぐ吹抜階段。2階の手すりはアクリル板なので、空間が広く、明るく感じられます


階段を上った先にあるベランダは、ご主人お気に入りの晩酌スポット。家族でBBQをすることも


ふたりの娘さんの部屋は、いずれ二部屋に分けられる造りです


玄関の土間やプライバシーを確保したベランダなど、家族が集い、家の中に外の楽しみを取り込む設計が印象的です。

【Q&A】

Q.完成した家の性能は?

A.外壁の断熱はロックウール50ミリ+Q1ボード80ミリ、基礎断熱には押出法ポリスチレンフォーム80ミリを使用しています。また、窓はすべてトリプルサッシを採用。断熱性能を表すUA値は高水準の0.28Wを実現しています。(江田社長)

Q.工夫したポイントは?

A.収納方法を工夫したり、きれいに片付けるのが大好きなので、収納量の確保はもちろん、収納扉を壁紙と統一するなど、気持ち良く収納で
きる細かな造作を希望しました。また、朝は娘ふたりの支度時間が重なることを考えて、1階の洗面所に加え、2階のトイレも洗面所代わりに使えるように広めの洗面スペースにしていただきました。(奥さま)


2階和室前のトイレは広いので、両親が泊まりに来た時にストレスなく使ってもらえます。ホテルの洗面室をイメージして、落ち着いたトーンでまとめたそうです


洗面所のペーパータオルをすっきり収納する造作は、奥さまのアイデアです


Q.引っ越してから3年目。住み心地は?

A.とにかく、どこの部屋も同じ室温なので快適です。居室はもちろん、バスルームからトイレまで寒さがないのは、高断熱高気密、パッシブ換気を採用した住宅性能のおかげです。(ご主人)

LDKの一角に経理の仕事ができるスペースを作っていただいたので、在宅ワークも快適です。(奥さま)





【記者の目】
キッチンに置かれていたワイングラスホルダーは、地元のホテルから依頼されて考案したご主人の鉄工所製。小樽運河のガス灯をイメージしたおしゃれなアイテムが引き立つ、 美しくて心地よいお家でした。


2022年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社江田建設の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!