Story 取材記事

「運命の出会い」で理想の家を実現/札幌市・Kさん

土間つきリビングに大きなテラスドアにホームシアター。木製の廻り階段、庭にはアウトドアリビングとなるテラスが欲しい。Kさんの家に対するこだわりは細部にわたるまで明確でした。

土間コンクリートの素地だと「色味が明るい」とのKさんからの要望を受け、素材に炭を混ぜ色を落ちつかせた
土間コンクリートの素地だと「色味が明るい」とのKさんからの要望を受け、素材に炭を混ぜ色を落ちつかせた
イネスホームに依頼するきっかけとなった象と子供の写真集。ネパールの手漉き紙を使ったり、ハイビスカスの葉っぱでできた紐の装丁もアーティスティック
イネスホームに依頼するきっかけとなった象と子供の写真集。ネパールの手漉き紙を使ったり、ハイビスカスの葉っぱでできた紐の装丁もアーティスティック
奥さまの念願だったホームシアター。小さい子供たちが機器を触らないよう、映像機器は全て画面の反対側にあるデスクにまとめ、配線も天井と壁に渡して、すっきり納めている
奥さまの念願だったホームシアター。小さい子供たちが機器を触らないよう、映像機器は全て画面の反対側にあるデスクにまとめ、配線も天井と壁に渡して、すっきり納めている
旦那さまの希望だった木製階段。実用面だけではなくデザイン的なポイントとなっている。階段から2階廊下につながる白い壁はギャラリーのように将来家族の写真を飾る予定
旦那さまの希望だった木製階段。実用面だけではなくデザイン的なポイントとなっている。階段から2階廊下につながる白い壁はギャラリーのように将来家族の写真を飾る予定
すべての床はナラ材でブラウン色自然塗料仕上げ。落ち着いていてこの家のイメージにぴったり。子供部屋は今はオープンにしてあるが、いずれ二人の御嬢さんの部屋となる予定
すべての床はナラ材でブラウン色自然塗料仕上げ。落ち着いていてこの家のイメージにぴったり。子供部屋は今はオープンにしてあるが、いずれ二人の御嬢さんの部屋となる予定
家全体のクールな雰囲気に対して家族だけが使用する2Fトイレはナチュラルでかわいい。訪れたモデルハウスで見たトイレに「これがかわいい!」と、まったく同じように作ってもらった
家全体のクールな雰囲気に対して家族だけが使用する2Fトイレはナチュラルでかわいい。訪れたモデルハウスで見たトイレに「これがかわいい!」と、まったく同じように作ってもらった

希望をかなえてくれる施工会社を探し始めてから2年、Kさんご夫婦のこだわりを親身に聞いてくれる会社は見つからなかったと言います。そんなある時、「まるで運命のよう」なイネスホームとの出会いがありました。

施工会社探しは挫折の連続

いつでも契約ができるように印鑑を携えて住宅展示場を中心に施工会社を探していたKさん。しかし、30代半ばのKさんご夫妻が営業担当者から聞かれるのは決まって年収(=予算)だったと言います。

Kさんが理想としているようなデザインを売りにする住宅メーカーは標準の価格帯も高い。ある住宅メーカーからは予算を理由に断られ、理想と現実の狭間で「傷心していた」ようです。

決め手は一冊の「写真集」

「運命の出会い」は、奇しくも旦那さんの誕生日。 「イネスホームの営業担当の佐藤さんは私たちの希望を親身に聞いてくれました。それに年収も聞かれませんでしたし(笑)。本当に良い人だと感じました。」と奥さま。

「何よりの決め手はモデルハウスに何気なく置いてあった備品の写真集。それはわが家にもある、家族みんなが気に入っている象と子供の写真集だったのです。しかもそれは北海道ではなかなか手に入らない希少品。」
洋書なので持っている方はほんとに少ないはず。そんな偶然、あるんですね。

奥さまは、満面の笑みを浮かべています。
「聞くところによると設計担当の方の私物だと聞いて...。色々なことが偶然にも重なったことに運命を感じました。夫は、もうここ(イネスホーム)しかないって(笑)」。

一冊の写真集から、自分たちの価値観や感覚を理解してくれると感じ取ったKさんは、出会ったその翌日にはイネスホームと<契約>していました。

注文住宅の醍醐味?

Kさんのご主人は家のデザイン性、奥さまは収納等の実用性と、家に対するこだわりが明確でした。しかし、いざ家づくりが始まると完成までの道のりは、そう簡単ではありませんでした。

「夫はこだわりの土間や階段などのデザインが決まると満足した様子で、あとのほとんどは私が決める役割。それまで注文住宅というのはカタログを見て色を選んだりして楽しいものだと思っていましたが、実際はドアノブひとつの色から形、素材までもひとつひとつ決めなくてはならないのが、ちょっと大変に感じることもありました」。

オーナーの夢を隅から隅まで叶えてくれるのが注文住宅の魅力ですが、チョイスできる部分がたくさんあって手が掛かるからこそ、出来上がった家に愛着もわくのかもしれません。

すべての夢を叶えた家

「イネスホームさんが私たちのわがままに最後までつき合ってくれたおかげで、ほぼ思い通りの家になりました」というKさん。設計担当の斎藤文恵さんが立てたプランは6回。

「リビングの壁上部に取り付けたリモコン開閉サッシなど、Kさんから最新設備を教えてもらったこともありました」と斎藤さんはふり返ります。こだわりどころに労力をいとわないKさんご夫妻。カタログや雑誌などでイメージを膨らませていました。

「イネスホームさんは、自社のカラーを押し付けることなく常に私たちの希望を優先して考えてくれたのが私たちには良かった。特にプランの中で、この部分を変えてほしいという点をイメージ通りに、快く対応してくれるので信頼できました。結果的に予算は大分オーバーしてしまいましたが、すべてにおいて我慢をしないで建てることができました」(Kさん)。

記者の目

 家づくりにおける施工会社や土地とのめぐり合いに「縁を感じた」というオーナーさんに多く出会います。今回のKさんのように偶然にも思える価値観の合う人との出会いが、のちのちの満足につながるということもあるようです。

2010年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事