Story 取材記事

オン/オフしやすいリビング書斎のある大人可愛いモデルハウスrimo+ 石狩市


設計士からインテリアコーディネーターまで、女性スタッフが活躍するイネスホーム。女性ならではの配慮やアイデアを活かしたプランニングが、オシャレで暮らしやすいとオーナーから高い支持を得ています。


緑苑台ニュータウン内に建つモデルハウスrimo+外観。


この春、石狩市緑苑台にオープンしたモデルハウスrimo+(リモプラス)は、リモートワークができるナチュラルで大人かわいい家。公園やコミュニティセンター、バス停のすぐそばで、小学校やスーパーへも徒歩数分という利便性の良い立地です。コーディネートを担当した石井さんにお話をうかがいながら、rimo+(リモプラス)の魅力を探ります。

オン・オフの切り替えがしやすいリビング書斎をプラン

自身も小さな娘さんの子育てをしながら仕事をしている石井さん。コロナ以降はテレワークも経験し、仕事とプライベートライフを両立させる間取りの必要性を実感したそう。


インテリアコーディネートを担当した設計部の石井めぐみさん(右)。センスの良い室内アイテムはすべて石井さんのセレクトによるものです


コンセプトを教えてください

石井さん 「リモプラス」は、「リモートワーク」「子守り」「おこもり」の言葉の響きからとったネーミングです。家事や子育ての合間でも、仕事にとりかかりやすく、適度にこもって集中でき、小さな子どもにも目が届くよう、引戸付きのリビング書斎をプランしました」。



左/1.5畳の書斎(ワークスペース)には、壁一面に天井まで続く可動棚と、PCカウンターを設置。

右/デスクの背面になるグレーの壁はマグネットが付けられるようになっていて、リモート会議の際に背景をデコレーションして楽しめるよう工夫されています。



書斎からは真っすぐに続くリビングと、その奥の洋室までが見渡せ、子どもの様子が確認できる安心設計です。



キッチン横に位置する書斎。引き戸を閉めれば、集中して仕事にとりかかれます。チェッカーガラスの採光窓で適度な「おこもり」が叶います。

子育てのしやすいプランはイネスホームのマスト要素

デザインの良さはもちろんですが、イネスホームの住まいは、子育てのしやすさ、暮らしやすい生活動線の良さも、人気の理由。rimo+にも、そうした工夫が細部まで見られます。



1階と2階をゆるやかにつなぐおおらかなリビング。



上下階でも家族の気配を感じられる造りです。



写真右/リビング階段もマスト要素。キッチンに立っていても、家族の行き来を見守ることができます。

写真左/2階ホールにはお子さんの描いた絵や、写真などが飾れるようにと、マグネットの貼り付けが可能なギャラリーコーナーを設けました。ラウンドの下がり壁にイエローのアクセントクロスが可愛らしいスペース。ここを通るたびに家族の思い出を見返すことができそうです。

家事動線とデザインの良さを両立した水回り



キッチンは解放的なペニンシュラタイプ。淡いグレーのスタッコ調の面材を使ったオープンなキッチンはLIXIL(リクシル)製です。手元を隠さずワイドな天板を採用することで、家族みんなで食事の支度をするのにも便利。軽食をとるカウンターにもなります。リビング側には扉付きの収納も完備しているので、コーヒーカップやリビング雑貨の収納にも使えます。



キッチン背面にも大容量の収納を確保。三角形のタイルや真ちゅうテイスト(シャインニッケル)の取っ手がおしゃれ。フレンチシックをベースにしたミックススタイルでコーディネートされています。



キッチン横にはユーティリティーがあり、玄関ホール、リビングと回遊式につながっています。



玄関ホールから見たユーティリティー。ゆったりとした広さで、グレーを基調にした造作の洗面化粧台や、タオルや下着、洗剤などの収納に便利な可動棚を設けています。上部には物干しポールのほか、洗濯機の上にも、ピンチハンガーやタオル干しに便利なバー・タイプの収納棚を用意しました。



左/玄関にはアーチ形の下がり壁をあしらったシューズクローゼットをプラン。
右/トイレはパープルのクロスにハニカム型のタイルをデザイン。カウンター付きの手洗いも備えています。ガラスのペンダントライトを灯すと、さらに映える空間になります。

吹抜でつながる2階ホールもアイデア満載



リビングを囲むように配置された2階ホールは、家族で使える書斎スペース(向かって右)と物干しスペース(向かって左)をプラン。書斎カウンターはお子さんでも使いやすいよう低めの高さになっています。



書斎背面の壁にはニッチ型の絵本ラックをつくりました。

石井さん「暮らしの中で本に親しめるような空間づくりを心掛けました」。

1階で過ごす家族の気配も感じられ、ここでも「こもり過ぎ」になることのない、家族のちょうどよい距離感を提案しています。

2階はこのほか、夫婦の主寝室と、将来は間仕切って2部屋の個室になる子ども部屋が用意されています。

モデルハウスを訪れ、見て、回って、体感してみて!

ワークスペースやキッチンの配置、水回り動線の快適さ、吹抜けリビングの心地よさなど、細部まで配慮の行き届いた魅力的な一棟。ぜひ現地を訪れて実際の建物や周辺環境を確認してみてくださいね。

新モデルハウス rimo+(リモプラス)




現地住所:石狩市緑苑台東2条2丁目13番地2
【予約制となっています】
公開日時:土・日・祝 10:00~17:00
フリーダイヤル:0120-216-232
WEBでの来場予約はこちらから



2022年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

イネスホーム株式会社の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!