Story 取材記事

外観・吹き抜け・書斎のデザインに納得/帯広市K邸 プラスワイド


帯広市内の東、人気のある住宅街に建つ一棟の家。すっきりとした外観に背の高いカーポートがナチュラルな印象を与えています。

実はKさんファミリーは、ハウスメーカーで帯広市郊外に家を建てた経験があります。同じ注文住宅でも、ハウスメーカーと工務店の家づくりがどのように違うか、お話を伺いました。

町並みに溶け込むスマートな外観



外観デザインを一任されたという株式会社プラスワイド(PLUS WIDE)の清水英貴社長は、この地区の町並みに合わせ品よくスマートな印象に仕上げました。



広々としてインパクトのあるカーポート。外壁のレッドシダーと色を合わせるため、ここから更に塗装予定です。



ポーチの天然石や木製玄関ドアから上質感が伝わります。



来客を気持ちよく迎えられるよう、強く希望したというシューズクローク。家の外と中の中間の場所として、自転車や猫のトイレもこの場所に置いています。猫トイレが臭わないよう、あらかじめ換気扇も設置しました。

「おまかせ」の中にこだわりを一匙。暮らしやすく美しい家



「いくつかの要望の他は清水社長におまかせしました」とご主人。プロとしての知識やセンスを信頼していればこその選択です。

写真のLDKもご家族の希望した開放的な吹き抜け空間と存在感ある梁を入れ込んだ他は、社長のセンスで落ち着きと統一感のあるデザインに仕上げました。



こちらはダイニングキッチン。キッチンの収納棚とダイニングテーブルは自社の造作で、使いやすいサイズに仕上げてあります。照明なども清水社長のセンスで「モダンでおしゃれに仕上がった」とご夫婦も満足そうです。

「おまかせ」といっても、ご家族の細かな希望はしっかりと叶えられています。ダイニングの壁際にはご主人のアイデアでL字型の棚を設置。調味料やティッシュペーパーなど細々としたものを置くことができ、テーブルの上が散らかりません。



「お酒や食材を保管したくて」と設置を希望した食品庫。ダイニングからも取り出しやすい位置です。



1階にはこの他にも客間、洗面脱衣所、トイレ、アイロンがけスペースがあります。どの部屋も棚や台は自社での造作。サイズもデザインも、ご家族にぴったりと馴染むように作りました。

2階は回遊式間取りとこだわりの書斎



2階のウォークインクローゼットは、書斎、寝室のどちらからも入ることができる回遊式の間取りになっています。



ご主人の書斎には「書庫のように」というリクエストどおり天井まで続く大容量の本棚が。社長の用意したたくさんのイメージ画像の中から好みに合うスタイルを探したそうです。



こちらはご主人の寝室。シンプルな中にも「カフスなどちょっとしたものを置ける棚を」「スーツを掛けるバーを」などさまざまな要望が反映されています。

それぞれの寝室は壁紙やブラインドのスタイルも少しずつ異なる仕様。「壁や床などは社長がうまく提案してくれました」(ご主人)と、「おまかせ」の中でもしっかりと好みの仕上がりになりました。

「かゆいところに手が届く」センスと気配りに大満足

Kさんは一度、帯広市郊外に家を建てています。2度目の家づくりを決めた経緯について詳しく語っていただきました。



Q 家づくりを始めたいきさつを教えてください。

A 実は、家を建てる計画は特になかったんです。元々は、帯広の別の地区で20年前に建てた自宅に住んでいました。10年以上経過すると室内が少し寒く感じることも増えてきたのと、帯広市中心部から遠いことは今後の生活も含めると不便かなという気持ちはありましたが家を建てるとまでは考えてはいませんでした。

たまたま妻の元教え子である清水社長が会社を立ち上げたことを知り、プラスワイドの完成見学会に参加したところ、おしゃれで間取りもよく機能的な家で「これはいい」と感じたんです。


天然石を使用した塗り壁。ライトに照らされると陰影が美しい


Q 土地探しはどんな風に進めたのでしょうか?

A この場所は元々プラスワイドが持っていた土地です。モデルハウスを立てる予定だった場所を惜しまずに提供してくれました。スーパーやホームセンターも近く、便利な場所でとても喜んでいます。



Q プラスワイドを選ばれた理由は?

A  1棟目の自宅もそれなりに良い家でしたが、注文住宅であるにもかかわらず、プランを一から考えるというよりは、既存のプランを手直しする感じの家でした。工務店は細かい要望を聞いてくれるし、アフターケアもきめ細やか。他社も回りましたが、何よりプラスワイドは社長のセンスの良さが気に入りました。


奥様が選ばれたという洗面台。人工大理石で手入れがしやすい


Q 共働きでお忙しいお二人ですが、家づくりの進め方はいかがでしたか?

A 打ち合わせは仕事の後から夜10時くらいまでやっていましたね。昔の家づくりと違って、間取りを図面だけでなく3Dのパースで見られるのでとてもイメージしやすかったです。外観や内装は社長におまかせした部分が大きかったのですが、画像をたくさん提示してもらい、自分で選ぶ楽しさはしっかりと味わえました。



工務店での家づくりは、社長と直に話す機会が多く、「一緒に作っている感覚」があったというKさん。

「プラスワイドは社長のセンスが抜群だし、大工さんもいい人ばかり。現場を確認した時にダイニングの棚の幅の微調整をお願いしたりもしましたが、細かな変更や調整がきき、『かゆいところに手が届く』という感じでした」とその魅力を語ります。風がうまく流れるようにエアコンの位置を工夫したり、飼い猫のために修復しやすい壁を選んだりと、社長の気配りによっていい家になったと大満足の笑顔を見せていただきました。

<記者の目>
「せっかくだから細部までこだわって自分で選びたい!」そう考える方も多い注文住宅の家づくりですが、かかる時間も手間も決して少なくはないもの。こちらのK邸のように要望や好みをしっかりと伝えたうえで信頼するプロの手に任せるという方法なら、ハイセンスかつ合理的な家づくりが可能です。企画力、提案力に優れたプラスワイドの特徴がよく表れた素敵な一棟でした。

写真 Commercial Photo / Movie  SWITCH

2021年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

株式会社プラスワイドの取材記事

十勝の取材記事