Story 取材記事

施主が大いに考え、参加した「満足できる家」

総二階で均整のとれたすっきり明るい外観

総二階で均整のとれたすっきり明るい外観

取材にうかがって驚きました。

オーナーAさんファミリーが住まいに強い愛着と満足を感じる家、

そして訪問者がすぐに気に入ってしまう家。

実現できそうで、なかなかできないその実例があったからです。

札幌市手稲区明日風。新築住宅が建ち並ぶ住宅街の一角に、均整のとれた総二階、リビング部分に縦のラインを強調する広い窓のある明るい印象のAさんファミリーのご自宅がありました。

家族の存在を感じながら暮らせる家

札幌市手稲区明日風。新築住宅が建ち並ぶ住宅街の一角に、均整のとれた総二階、リビング部分に縦のラインを強調する広い窓のある明るい印象のAさんファミリーのご自宅がありました。


玄関は膨大な収納力のあるクローゼットと食品庫を設置

玄関は膨大な収納力のあるクローゼットと食品庫を設置


まず最初に凄いなぁと思ったのは、ご両親がリビングやキッチンにいる場合、大きな窓からお子さんたちが庭先で遊んでいる様子がわかること、

学校から帰ってきた子どもたちがリビングから見える階段を上がっていくのが見えること、

2階の部屋と廊下は小窓があってシャットアウトされた閉鎖空間ではないこと。

親子がお互いに存在を音や視線で、気にならない程度に感じる空間設計がなされていることです。

同じく両親が主寝室にいるときにも、リビングの吹き抜けとの素通し窓を通じて子どもたちの様子を感じることができる。

これはご夫婦が「家族の存在を感じながら暮らしたい」と要望した結果、三五工務店が提案し、実現させたことの一例です。


ダイニングキッチンそばにパソコンスペースも設置

ダイニングキッチンそばにパソコンスペースも設置


この家の中心。開放的で木の風合いが心地よい、家のあちこちにいる家族の様子が感じられるリビング

この家の中心。開放的で木の風合いが心地よい、家のあちこちにいる家族の様子が感じられるリビング


オーナーの希望リスト50!


別表を参照ください。これはAさん夫妻が、家を建てようと考えた時に、自らまとめ、複数の住宅会社に提出した「住宅に対する希望」の50項目です。家族で住宅展示場を見に行ったり土地を探したり、家族で話し合いながら、「目指す理想の我が家」に必要なものを箇条書きにしていったのです。

 たとえば
① 住宅性能と室内環境、光熱費の安さを重視するという意味で「北方型住宅ECOモデル事業」対応
② 玄関から手洗い、そしてキッチンへという動線
③ 浴室から一歩出て外気で涼むことができるバスコート
④ 子ども部屋は四畳半程度と小さくした上で十分な収納を設けること
⑤ 玄関横に靴などをたくさん収納できる場所
⑥ 買い置き野菜や調味料などを保管できる食品庫
⑦ リビングにパソコン設置スペース
などは必須、

① 和室
② 珪藻土の室内壁
③ 子ども部屋にロフト
④ キッチンは親子で一緒に作業ができる広さ
などは「できれば実現させたい」希望事項としました。

これらの希望事項を、優先順位をしっかり意識しながら、奥様が「一目惚れでした」と振り返るほどに期待以上のプランをまとめ上げたのが、三五工務店リコハウス事業部(現在の(株)リヴスタイル)のスタッフでした。住宅会社はその段階でほぼ決定、具体的な打ち合わせがスタートしました。

「プランは最初の段階でほぼ納得だったので、あとはサンプルの建材を見て色や質感を決めたり、間取りの修正を打ち合わせしたり。とにかく対応が迅速で熱心。凄く好感を持ちました。こちらが質問や要望を連絡したらすぐに考えてくれて。ファックスやメールでお互いにやりとりしながら決めていきました」とご主人。

現場を見る、体験するのが楽しい



週末はご夫婦で、平日は奥様とお子さんで着工以降は頻繁に現場を訪れたというAさんファミリー。


お子さんも基礎工事を体験

お子さんも基礎工事を体験


「もしかしたら着工後は毎日現場に行ったかも。重機に乗せていただいたり、基礎のアンカーボルトの打ち込みをちょっと体験させてもらったり。大工さんや専門職の方が多い日で6人くらい現場にいてみんな親切でした。写真を撮らせてもらったり、工程を快く説明してくれたり。時には現場で現場監督と、吹き抜けの窓を増やすことを決めたり、手すりの高さを変更したり。図面では具体的にイメージしにくかったことも、現場ではリアルに感じられていろんな要望が出てきて、それらも実現させてくれました。本当に楽しかった」と奥様。


主寝室と吹き抜けをつなぐ開口。大きさはAさんとの現場での意見交換から生まれた

主寝室と吹き抜けをつなぐ開口。大きさはAさんとの現場での意見交換から生まれた


「打ち合わせでも現場でも、本当にいっぱい考えて納得するまで検討しました。現場に行くたびに発見があって楽しかった。それだけ十分に納得して住み始めた我が家に不満は全くありません。実は新築戸建て住宅を建てようと考えているファミリーを2組、我が家に招いたのですが2組とも三五工務店リコハウス事業部で家を建てることになったのです。私たちが満足していることが伝わったのかもしれませんね」と話してくれました。


キッチンはゴミの収納スペースや親子で調理できる広さなどの要望が実現

キッチンはゴミの収納スペースや親子で調理できる広さなどの要望が実現


調湿機能がある稚内産珪藻土を活用した加賀谷ブリックをダイニングに施工

調湿機能がある稚内産珪藻土を活用した加賀谷ブリックをダイニングに施工


記者の一言

ここまで真剣に、ライフスタイルと住まいをしっかり考え、楽しく住宅建設に参加するオーナーさんも珍しいかと思います。

その結果、完成引き渡し後に初めて気づくようなことはほとんどなく、納得づくで選択した理想の住まいが実現したようです。

「満足がいく家づくりができたのは三五工務店さんに建てていただいたから」とAさんご夫妻。施主と住宅会社の連携が良い家を実現させた好例だと思います。

2010年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事