Story 取材記事

8.6mヒバの通し柱はまるで古代ローマ建築 札幌に建つ青森ヒバの家1

2016_10kitaichi01.jpg

札幌の白石区で、とんでもなく大きな家が建ちはじめています。
大きさがすごくて見に行ったわけではありません。


写真の柱、8.6mの通し柱ですが、青森ヒバなのです。いや、柱に限らず、主要構造部材がすべて青森ヒバ。
『よくもこれだけヒバを調達できたな』
僕がぼそっと話したら、
現場の責任者を務める若き宮大工・村上くんが
「そこなんですよ」と答える。


なかなかに面白いのです、この会社の大工たちは。


2016_10kitaichi02.jpg

現在、現場は次の柱と梁が来るのを待っている状態。
見ての通り、柱は家の外周部のみで、室内には柱がない家。その外周柱だけが立つ姿は、写真で見る古代ローマの巨大建築のようです。
柱は8.6mですから、普通の家の3階分以上の高さです。


2016_10kitaichi03.jpg

純粋におもしろい建築です。
また来週報告できると思います。


2016_10kitaichi04.jpg

2016年10月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事