Story 取材記事

築60年の家を住み継ぐ快適フルリノベーション 札幌市西区Lさん/松浦建設


今回ご紹介するのは松浦建設(札幌市清田区)でフルリノベーションしたLさんのお宅です。L邸はLさんご夫婦と、奥さんのご両親が上下階で暮らす2世帯住宅です。

築60年を超えた住まいが、現代の暮らしに合った間取りの変更や、高断熱・高気密の改修工事によって大きく性能UPしました。完成した住宅を拝見しながら、Lさんとお母さま、そしてプランニングを担当した松浦建設の松浦社長に、お話を伺います。

シロアリ被害が改修のきっかけに。断熱重視の全面改修で暖かさを体感


向かって奥に松浦社長、手前左からLさんとお母さま


お母さま 最初はキッチンの土台(根太)がシロアリの被害で腐れて、床が傾いてしまったため、修理をしなければと考えたのがきっかけでした。



防蟻・防腐の専門業者・青山プリザーブさんに相談したところ、床も落ちてしまっており、土台(根太)からきちんと改修したほうが良いとアドバイスをもらい、松浦建設さんを紹介していただいたのがご縁です。



松浦社長 今回の工事は1階の土台(根太)の入れ替えと補強、断熱改修、屋根・外壁の張替え、キッチン周りの間取り変更、建具の入れ替え、クロスや床、畳の張替えなど全面改修を行っています。


生まれ変わったキッチン。奥のパントリーは、以前は石炭置き場になっていて、勝手口も付いていた



敷地は100坪の広さがあり、半分を手放し、建て替えをすることも検討しましたが、費用面で断熱改修をしたほうが良いという結論に至ったそう。



先代が植えた木々が見事に育つ庭に囲まれ、街中にありながら、とても落ち着く環境です。



松浦社長 外壁と床下にはグラスウールを105㎜充てん、屋根裏も昔ながらの造りなので高さがギリギリでしたが、通気層も確保して300㎜の屋根断熱を施しました。

壁の改修は特に大変でしたね。モルタルの壁を剥がすと、中は柱の痛みなどもあって、すべて取り替えたり補強したりした後に、断熱材をしっかり入れています。窓にはLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)を使っています。



お母さま 和室の出窓も、そのまま残すかどうか…というところでしたが、気に入っていると伝えると、ちゃんと残してくださいました。


仏間には扉を付けて普段は統一感のある室内に。下に地袋(引き戸付収納)をつくったことで、とても便利になったそう


Lさん 暖房はリビングのストーブがメインです。9月末の今頃だと、今まではストーブを点けていましたが、リノベーション後は夕方に1時間くらい点けるだけで、翌朝もほんわか暖かさが続いていて、断熱改修の効果を実感しています。

この家の良さを残しつつ、家族の今に合った住空間を実現

お母さまが中学生の時に建ったこの家には、家族の思い出がつまっています。そんな家族の歴史を、松浦社長は素敵なアクセントとして残しました。



こちらはリビングから隣接する寝室の方角を撮影した写真です。天井の飾り梁がレトロでいい感じ。



センターを頂点に、少しだけ三角に傾斜している凝った造りです。梁は、すべて磨きなおし、塗装をかけています。細長い横窓を付けたのは、ストーブの煙突を通すため。窓からは小さく切り取られた緑が楽しめます。



玄関ホールは、和室、リビング、2階へ続く階段、ユーティリティーにつながっています。



採光を確保できるルーバー・デザインの玄関引き戸を採用した明るい玄関です。階段にあしらわれた柱も思い出ポイントの一つ。



昔からある飾り柱に削りをかけて磨いた後に、塗装を施し再利用しています。



リビングと独立したキッチンには、統一感のある食器収納をプラン。



その横には昔から愛用している茶箪笥を置いています。今では貴重な手工芸の摺りガラスなど、細かな細工が施されています。モダンになった室内にも合っていて、この家の歴史を感じさせるポイントです。

若夫婦のライフスタイルも重視した暮らしやすい動線



2階はもともとあった2部屋をワンフロアにした娘さん夫婦の居住スペースです。ベッドスペースの横は壁一面に収納を造りました。



ゆったり、スッキリとした空間が広がっています。



Lさんのご主人はイギリスの方で、自営業を営んでいます。部屋の一角にはワークスペースを備えました。



Lさん イギリス人は朝にシャワーを浴びる習慣があるのですが、階段を下りて浴室に直行できる動線が使いやすく、とても気に入っているようです。



1階の両親の生活リズムを崩すことなく、入浴や歯磨きが好きな時間にできるので、お互いに快適です。

松浦建設のリノベーションの感想は?



お母さま 松浦社長の対応はいつもスピーディーで、必要な断熱改修や、費用面での相談、間取りの提案など、その都度、的確なアドバイスをいただきました。信頼してお任せできましたし、暖かく、きれいに生まれ変わった我が家に大満足です。

終始笑顔で話す松浦社長とLさん親子。その様子には確かな信頼関係を見ることができました。

新築もリノベーションも、断熱気密がとても大事だと松浦社長は話します。既存住宅の改修は、経験と技術、オーナーに寄り添う姿勢が大切です。松浦建設には、そのどちらも備わっていることを実感した取材でした。


2022年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

エコットハウス(松浦建設)の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!