Story 取材記事

悠々、セカンドライフを愉しむためのリフォーム  札幌市N邸/松浦建設


素敵な庭にご主人手作りのピザ窯があり、奥さまはパン教室を主宰するなど、ゆったりと暮らしを愉しんでいるNさんご夫妻。お子さんが独立され、22年前に建てた自宅を松浦建設でリフォームしました。

自宅のベーカリーショップ開店準備も重要なポイントに



「これまでの家は子どものための家でしたが、子どもが巣立って今度は夫婦二人が楽しめる家にしたくて」とNさん。

新築した年から自宅でパン教室を開いてきた奥さま。リフォームを機会に、自宅でベーカリーショップを開くことを決めたそうです。開業のためキッチンを厨房に変え、さらにもう一カ所キッチンを増設することが必要になりました。



取材した9月下旬は、薔薇の天然酵母を使ったベーカリーショップを開店準備中でした。お店の名前は「ローズベーカリー」。

パン販売の受け渡しを行う窓と、カウンター収納、商品棚(左)。キッチンをリフォームした専用の厨房には、ガスオーブンが1台増えて2台になりました(右)。

「お店は毎日ではなく週に3日、無理せずマイペースでやっていきたいと思っています」と奥さま。



DIYが得意なNさん手作りのウッドデッキ(左)、店舗オープン後は、この窓からお客さまと対面販売を行っています(右)。

ゆらゆら、気持ちのいいハンモックのある暮らし



和室を廃し、広々としたリビング・ダイニングにリフォーム。ハンモックを支える梁の強度を高めて、ハンモックとブランコを設置しました。

Nさんはこのハンモックに腰かけてSF映画を観るのが、大のお気に入り。音響設備も新しくしたそうです。

「ソファを置かずに暮らしています。ハンモックは本当に気持ちがいい。ブランコは孫が遊びに来た時、大喜びしています」。

暖房・給湯はエコジョーズ、癒し効果の薪ストーブも



リビング・ダイニングは25畳の圧倒的な広さ。暖房・給湯は灯油からエコジョーズに変更しました。床暖房も採用。さらに、「リビングで過ごす時間を愉しむアイテムとして、薪ストーブも絶対欲しかった」とNさん。薪ストーブはピザを焼いたり、調理も可能です。



床はチェスナット柄のフローリングに貼り替え、アクセントに重厚感漂うマホガニーを配置。

これはご主人のアイディア。「出張先のレストランで、床にアクセントとして入れていたのを思い出し、お願いしました」。

化粧梁もマホガニーにし、輸入タイルを貼った腰壁を巡らして落ち着いた室内に。色や素材へのこだわりが、ご夫婦の個性を生み出しています。

セカンドライフの充実にこだわったリビングなど



薪ストーブはデンマーク製です。薪ストーブの下部は人工大理石を敷き、フローリングとの段差のない仕上げに。指先をぶつける心配もなく、掃除もスムーズです。



ダイニングに天井までの高さがある食器棚を(左)。和室の押入があった場所にはリビングボードを備えました(右)。

格納タイプのデスクを組み込んだ機能的なリビング収納で、65インチの大型テレビの背面には薪ストーブ背面と同じブリックタイルを貼りました。目地を黒にしたのもNさんのこだわりです。



中2階の寝室。箪笥二棹を収納していたスペースを書斎にし(左)、新たに夫婦それぞれのウォークインクローゼットを2つ設けました(右)。



子ども部屋だった2階の洋室は2部屋をひと続きにして、増設のためのミニキッチンを設置しました。

松浦建設との出会い


ロフト収納の三角窓も新調


今回のリフォームの前段として、3年前に屋根の水漏れが起き、修理が発生したそうです。その時修理をお願いした外装屋さんに、今回のリフォームで外壁の塗装を依頼。

一方、内装は「家を建ててくれた会社がすでになくなっていたので、リフォーム業者数社とやりとりしましたが、しっくりこなくて。外装屋さんに紹介していただいたのが、松浦建設でした」と奥さま。

「松浦建設の社長さんは、何を聞いてもわかりやすく説明してくれました。こちらの要望をすべて伝えて可能かどうか確認すると、的確に答えていただき、信頼してお願いできましたね」とNさん。

外観はモダンに、室内は使い勝手が良く開放的に

では、Before Afterを比べてみましょう。



写真は、ビルトインガレージがある外観正面です。外壁はベージュ系のサイディングから深みのあるダークグリーンに塗装、赤いサッシが印象的です。洗練された表情に、モダンな魅力が加わりました。



外壁を塗装し、シャッターを交換。また、玄関前と階段部分のタイルも新しく貼り替えました。



キッチンから、パン作りを行う厨房にリフォームしました。窓に面して配していたキッチンは180度位置を変え、対面式に変更しています。



以前は和室の横の大きな窓の前に、テレビを置いていたそう。リフォーム後は、左手壁面にテレビとリビングボードを設置。大きな窓から四季折々のガーデン風景を楽しめるようになりました。



1階のトイレを節水型に。淡い色調のクロスでやさしい雰囲気になりました。



浴室は同じ1坪タイプで、浴槽の位置を変えて足を伸ばせるサイズに。お湯が冷めにくいサーモバスsを採用しています。

庭へと続く玄関ポーチは、明るい南欧風に



玄関内部(左)と玄関(右)。玄関と外階段のタイルを、テラコッタ調の大判タイルに貼り替えました。



20年かけて完成したおしゃれな庭。左の写真は、サクランボの木の下に配したテラスセット。右の写真はNさん手作りのピザ窯です。

「家族が集まる時は、庭でピザパーティを楽しんでいます」と和やかにガーデンライフを満喫しています。

Qリフォームの感想は



Nさん 希望箇所は取りこぼしなくリフォームできましたね。

新築の時は、くつろげる場として和室が必要だと思っていたのですが。猫が畳をボロボロにし、襖を閉めると閉め切ったままで結局使わない部屋になって。和室をなくしてバリアフリーにしました。テレビの位置を変えたら、庭も見えるようになり、開放感が違う。とても満足しています。

奥さま 22年間住んできて折り返しだと思い、気になるところは全部直しました。やりたかったようにできて、住み心地もいいですし、幸せな気分です。

Qグリーン住宅ポイント制度の活用について



松浦建設 担当者
グリーン住宅ポイント制度は省エネ性能など条件にあったリフォームでポイントが発行され、商品への交換や追加工事に充当できる制度です。

Nさま邸の場合は、段差の解消、窓ガラスの断熱改修、節水型トイレ、節湯水栓等によってポイントが発生。「新しい生活様式でリモートワークができる」ワークスペースとして、リビングボードの設置工事費の一部に充てられました。

ご家族の思い出が詰まったマイホームは、細部までオーナーのこだわりを反映したリフォーム・プランと丁寧な施工によって、ご夫妻のセカンドライフにぴったりな、快適で美しい住まいへと生まれ変わりました。充実した暮らしの様子とご夫妻の笑顔が、リフォームの満足感を物語っています。



また奥さまのベーカリーショップは11月に無事に開店し、バラ酵母の本格的パンが地域の皆さんにも喜ばれています。


2021年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

エコットハウス(松浦建設)の取材記事