Column いえズーム コラム

家庭菜園、観葉植物…植物を楽しむ家づくり5選


家庭菜園やガーデニングは、一戸建て、そしてマイホームならではの楽しみですよね。また、室内で観賞植物を育てると、季節を問わずグリーンに囲まれた暮らしが楽しめます。土をいじることで心が癒され、収穫の喜びがある畑づくり。ガーデンは愛情を注ぐほどに、いとおしく、居心地のよい場所になります。そしてマイナスイオンを発する植物は「癒し」の効果が期待でき、室内を寛ぎの空間にしてくれる…。家庭菜園やガーデニング、観賞植物を、先輩オーナーたちはどんな風に採り入れているのでしょう?

庭や畑
・庭の一角に家庭菜園をつくりトマトやキューリなど身近な野菜を育てる
・広い畑に自給自足ができるほどのたくさんの野菜を育てる
・ぶどうやイチゴ、柿などを育てて果物狩りを楽しむ
・サクランボの木を植えて、春はお花見、初夏にサクランボ狩りをする
・バラやクレマチスなどを植えてローズ・ガーデンをつくる
・宿根草をメインにメンテナンスの要らないナチュラルガーデンをつくる
・木々を植えて木漏れ日の下にテーブルセットを置く
・日陰の小さなスペースを石畳やシダ植物で演出する

室内
・室内にウンベラータやパキラなどの大きな観葉植物をポイントとして置く
・温室をつくって熱帯植物などを本格的に育てる
・男前インテリアに似合うサボテンや多肉植物を楽しむ
・エアープランツやドライフラワーで室内をシックな空間にする
・暖かい場所で胡蝶蘭など華やかな花を楽しむ
・和の空間やモダンな室内に盆栽をあしらう
・ポトスなど、どんどん増える植物でボリューミーに演出する
・切花を絶やさずテーブルに飾る

などなど…まだまだありそうですね。いえズームでも、畑や庭、観葉植物を楽しんでいるオーナーのお宅を取材しています。ここからは実際の実例をご覧ください!

東川町に移住で家庭菜園を存分に楽しむ 東川町鶴岡邸/小岩組



三角屋根の可愛らしい外観。庭は花だけじゃなく、ブルーベリーやサクランボなどの果樹、さらにはネギや大根、枝豆、キュウリ、ミニトマト、ニンニク、カボチャ、じゃがいもなど多種多様な野菜を栽培しています。畑でナスやトマトなどを収穫して朝食に...贅沢なひとときを満喫しています。

キッチン横にあるドアを出るとそこには木製のバルコニーとテーブルが。菜園で収穫された新鮮なお野菜が、朝の食卓に並びます。「東川町での暮らしに不満は全くありません。庭は当初はイングリッシュガーデン風を考えていましたが、広い庭に好きなものを植えるうちに自然いっぱいのホッとする庭になりました。家庭菜園も楽しくて贅沢な生活かなと思います」と笑顔がこぼれます。
記事はこちら 【北海道・東川移住】小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手・鶴岡邸

LDKに隣接する温室 音更町山川邸/赤坂建設



広大な畑作風景の中に建てられたのは、リフレッシュ用途とゲストハウスとしての役割を兼ねた別邸です。ウッドボイラーに温室、ホームシアターなど、楽しみの詰まった一軒です。

植物のお世話をしているのは、農業のかたわら英会話講師としても活躍している奥様の真幸子さん。温室には明るい日差しが差し込み、暖房を切っていてもあたたかです。温室にある耐荷重棚はホームセンターで購入したものだそう。
記事はこちら ウッドボイラーで薪を有効利用 エコを楽しむ家/音更町山川邸 赤坂建設

観葉植物も嬉しい、開放的で明るいお家 旭川市K邸/アーケン



建て主は日頃からアーケンの住宅施工現場で活躍する大工さん!K邸では建て主でもあり大工さんでもあるという立場で、奥さまの要望を第1に、設計担当のアーケン・太田さんとともにこだわりの注文住宅を実現しました。

観葉植物は奥さまの趣味。日々、丁寧に育てています。奥様は植物にもこだわり、「日がたくさん入って、とにかく開放的に」とオーダー。薪ストーブ効果もあり、初めての冬も葉をあまり落とさず元気でした。
記事はこちら コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

手軽にグリーンを楽しめる工夫 帯広市M邸/プラスワイド



天井近くに飾ってある観葉植物は、照明用のレールに「スカイプランター」と呼ばれる逆さにしても土のこぼれない植木鉢を吊り下げたもの。空間を活用でき、小さいお子さんのいるお家でも安心です。
記事はこちら シックなデザイン&料理も楽しい二世帯住宅/帯広市M邸 

花いっぱいのお庭と豊かな家庭菜園 東神楽町藤井邸/藤井光雄工務店



旭川駅から約12キロ。東神楽町に藤井工務店の事務所と自宅、ご両親の住む家がありました。

まず案内してくれたのは、ご両親が手入れをしている花いっぱいのお庭。自然に近い雰囲気の庭に、と考えて樹木や草花が配置されています。自然豊かな庭には小さな山も。当初は何もなかった造成地でしたが、自宅建設と同時に植え始めた樹木も10年以上経ち、木陰が涼しい、森の中のような空間になりました。

庭のお花だけでなく家庭菜園も。ミニトマトやトウモロコシ、アスパラガス、小松菜など、いろんな野菜が育っています。枯れ葉や堆肥で土作りを続けるうちに、実り多い家庭菜園になりました。
記事はこちら 旭川圏で自然素材&エコ住宅なら藤井工務店

外からの視界を遮って落ち着ける中庭 札幌市K邸/丸三ホクシン建設



1階からは中庭にも出られます。道路側からはスノコ状の塀で囲われて、外からの視線を遮っています。敷地内の傾斜をうまく活かし、少し低いここ場所だけ中庭のような落ち着く空間です。

夏場は日よけのためにタープを吊り、天気の良い日はバーベキューや食事を楽しんでいます。
記事はこちら 家の前からすぐ登山!自然大好きなご夫婦の家

狭い空間でも自然を感じられる演出 石狩市モデルハウス/丸三ホクシン建設



このモデルハウスは市街地の50坪ほどの敷地に建っています。都市型で利便性も良い暮らしを望む場合は、敷地面積が狭く隣家とも近い、駐車スペースも家族用、来客用の2台分が必要となるなど制約が増えます。でも、例えば約1㍍の空間を、枕木や植栽などで演出するなど、狭い空間も上手に活かしたいろいろな工夫が可能です。札幌軟石や植栽、苔類などを使い狭い空間でも自然を感じる空間を演出できます。
記事はこちら 見て、触れて実感! 丸三ホクシン建設がモデルハウス公開

いかがでしたか?家庭菜園やガーデン、観葉植物のある暮らしには、「寛ぎ」や「癒し」がありました。土いじりやグリーンのある暮らし。ご自宅にも採り入れてみてはいかがでしょう?


目次

2021年10月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?

いえズームコラム