Story 取材記事

デザイン・性能・コストの絶妙なバランス=提案型住宅という選択/三五工務店

大きなスーパーに近く、周辺に学校も多く、最寄り駅まで徒歩圏内という便利なエリアの札幌市北区に、三五工務店の土地付き建売住宅でもある「提案型住宅」が完成しました。一般公開前でしたが特別に取材させていただきました。

ライフスタイルの変化に対応できる設計

  130902_35_0950_ov3.jpg 道路に面したグレーホワイトの壁。ガルバリウム鋼板ですが、ちょっとレトロっぽい雰囲気を醸しています。側面の壁は道南杉のよろい張りとブラウンのガルバリウム鋼板の組み合わせ。片流れの屋根に大開口の窓。赤いアクセントラインも効いた、さりげなく個性的なデザインです。     13902_235_.domaroom.jpg ドアを開けると「うわっ!」と驚くほどの広い土間が。聞けば5畳もあるそうです。自転車を置いたりスキーの手入れをしたり、便利に使えそう。基礎断熱を採用し、床暖房を併用することで土間もあったかな空間に。   「こちらに床を敷いて寝室にすることも可能です。たとえば老後は2階に上がるのがつらいでしょう?」と設計担当チームの石塚亜紀彦さん。長く住めば、家族構成やライフスタイルも変わるのは当然のこと。間取りの可変性は三五工務店さんがまさに「提案」とするところです。     130902_35_3.kitchen.jpg 広がりを感じさせる奥行きのある縦長リビング。キッチンを取り囲むようにカウンターやテーブルが造作されているので、多人数での食事もOKです。 キッチンは、周りに貼られたホワイトのタイルの柄がさりげなく可愛らしい。ここでも三五さんらしいセンスが発揮されています。    

三五工務店スタイルのセンスを存分に発揮

  130902_35_1004_ov3.jpg こちらはリビングを反対側から見たところです。床はナラの無垢フローリング、天井や梁、造作テーブルは道産材のカラマツを使用しています。天井の仕上げ材を省略し、カラマツ材を現しにすることで、ウッディな雰囲気を醸し出し、天井空間にゆとりが出ます。     130902_35_5.utility.jpg バリアフリーのトイレと洗面台。床のポップな色の使い分けが効いています。トイレの壁紙もおしゃれ。この空間、入るたびに楽しくなってきそうです。     130902_35_2Ffloor.jpg 2階に上がると、こちらも広々としたフロアがありました。「ライフスタイルの変化に合わせて2つの部屋とホールに区切ることができます」(石塚さん)。 この住宅、1階と2階を合わせた延床面積は33.2坪(109.8m2)。廊下などの余分な空間を設けていないのでより広く感じます。    

三五工務店のノウハウが詰まった「提案型住宅」

  さて、今回初の試みという「提案型住宅」について、石塚さんに聞いてみました。   「この家は、土地と建物セットで販売を目的とした、いわゆる"建売住宅"です。 どうせ建てるなら、三五工務店らしい建売住宅として、"提案"をさせていただきましょう。ということで、「提案型住宅」としてご提案をする最初の建物です。   断熱・気密性能や構造・耐久性といった弊社のこだわりは抑えずに、シンプルで開放的なプランや構成で規模・価格を抑えて、その分で機能や環境に役立つ物の新提案や、自然素材・オリジナル造作も積極的に取り入れつつ、一般的な価格で提供をさせていただこう、というものです。   デザインも含めて設計・施工で特命チームを組み、その思いを形にさせていただきました。 来春まで提案事例のモデルハウスとしても活用した後に売却の予定です。   経緯も含めた詳細は、弊社ホームページに『提案型住宅』のページを設けておりますので そちらもご覧いただけるとありがたいです」   モデルハウス見学予約  http://www.kk35.jp/web/igokochi/proposal_house.php     130902_35_6106.jpg 1階から2階まで続く吹き抜けの窓。大きい!広い!見ているだけで開放的な気分になります。窓枠がなく、ガラス面積を大きくとった「カーテンウォール」です。   通常の樹脂サッシよりも高価ですが、こだわって採用しました。石塚さんによれば「南西に面した窓を大きく確保することで、太陽熱を効率よく受け取ることができ暖房の燃費向上につながります」。なるほど、ランニングコスト低減の意味もあったんですね。     130902_35_10.mrishizuka.jpg 石塚さんが手に持っているのは、「アースリパブリック」と呼ばれる断熱材。住宅では全国初の採用だそうです。札幌の工場で古紙とポリプロプレンを細かく砕き、成型してつくった道産のリサイクル断熱材。CO2の発生も少なくて済みます。

さらに、カナダ製第一種熱交換換気システム「ライフブレス」を採用。熱交換換気は室内の熱を逃がさないシステムなので省エネ効果が高いのですが、一方でイニシャルが高いと言われています。「この製品は値段も手ごろですし、年間の暖房費もかなり節減できる。コストパフォーマンスが非常に高く、多くのお客さまが納得されるような換気システムに出会ったと思っています」(石塚さん)

三五工務店が積み重ねてきた提案力やデザインセンスを駆使しながらコストを抑えられるところは抑える。この提案型住宅、一見の価値はありそうです。

なお、14日、15日に一般公開した後は、予約制で見学を受け付けています。「この2日間を見逃した」という方は、三五工務店さんに直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。
モデルハウス見学予約
http://kk35-info.seesaa.net/category/18806050-1.html

記者の目

一生の買い物だから、自分の納得できる家づくりをしたい。しかし、予算という壁に当たって妥協した、またはもっと安くできる会社に替えた。こういった話は周囲からも聞くところです。注文住宅は家づくりのプロである会社とお客さまの希望とのすり合わせの作業、この打ち合わせでコストがかかる部分もあるでしょう。だから、会社側のより良い提案を結集した住宅をつくることで、お客さまは手に届く価格と、注文住宅とまではいかなくても十分な満足を手に入れる。今回取材した三五工務店さんは真剣に考えていらっしゃいました。

2013年09月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

札幌圏の取材記事