函館圏の住宅会社をさがす
函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、木古内町、七飯町、鹿部町、森町、八雲町、長万部町、江差町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町、奥尻町、今金町、せたな町

災害・停電に強い家~国交省採択の防災型住宅30棟は2018北海道大停電をどう乗り越えたか

函館・道南地区でいい家をつくる方法/地元工務店は評判どおり良かったか?

函館圏

函館市・北斗市・七飯町は、住宅需要、住宅会社ともに多く、隣接しているので、函館で家を建てる人が北斗市の住宅会社に依頼したり、その逆も珍しくありません。函館圏では、比較的予算にゆとりがある方が大手ハウスメーカー、予算面が厳しい方がローコスト系の地場のビルダーや工務店を選ぶケースが多い傾向にあります。その一方で、住宅性能やZEH、創エネなど、先進の住宅技術に取り組む地場工務店数社が全国から注目を集めていたりもします。

大工を育て、お客様の理想とわがままを形にする

株式会社 小西工務店

グループe-housing函館(イーハウジング函館)

北斗市で創業し2018年で創業50周年を迎えた。二代目となり年数を重ねたが、先代より受継ぐ「大工職人を育てる」という基本姿勢は変わっていない。職人は見習いから始まり棟梁まで育てる体制で、昔からの大工道具であるノコ、ノミ、カンナを使った仕事ができるように指導し、こういった基礎的知識と技能を身につけることで、電動工具が中心の現在でも、応用の利く仕事ができる利点がある。いうまでもなく和風が得意だが、明治・大正の大工が洋風建築を見てすぐにものにしたように、洋風住宅、モダン系も苦にしない。新築そして断熱リフォーム、時代のニーズに合わせZEHなど快適でエネルギー削減の出来る家づくりをすすめている。

函館の高断熱・高気密&太陽光発電・ZEH住宅 

渋谷建設株式会社

グループe-housing函館(イーハウジング函館)

渋谷建設株式会社は、住宅の基本性能強化に長年取り組み、現在は太陽光パネルや高効率機器を組み合わせた光熱費ゼロのZEH(ネットゼロエネルギーハウス)、そしてシンプルモダンタイプの住宅デザインを軸に住まいづくりに取り組む地場工務店。渋谷旭社長はイーハウジング函館のメンバーと連携し、分譲地やモデルハウス、ZEH、国の省エネ住宅に関する補助事業導入など、函館の地場住宅会社のレベルアップに取り組んできた。また、函館圏の住宅取得者層に、省エネで快適な住まいづくりの提案も積極的に行っており、北海道の住宅業界の中でも、その取組は注目を集めている。

顧客の要望を重視する新築・リフォーム。住宅の高性能化も積極的

株式会社鳴海建設

グループe-housing函館(イーハウジング函館)

北斗市の鳴海建設は、北斗市・函館市を始めとする道南エリアで、戸建住宅の新築・リフォームを中心に取り組む1989年創業の地場工務店。高性能住宅を研究する道南の住宅会社グループ「イーハウジング函館」の会員でもあり、断熱・気密性能の向上と、太陽光発電による創エネを併用し、光熱費ゼロを目指すZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)のモデルハウスを函館市石川のニュータウンで公開している。新築は顧客の要望を踏まえた自由設計、リフォームについても外壁や水回り、内装からガーデニングに至るまで、住まいの悩み丁寧に伺い、プラン提案から責任施工まで一環して行っている。

全棟ZEH宣言~高断熱高気密&創エネの住まいづくり

ノースランドホーム・山野内建設

グループe-housing函館(イーハウジング函館)

南北海道・八雲町に本社を構え函館市にも営業拠点を持つノースランドホーム・(有)山野内建設(山野内辰男社長)は、高気密・高断熱の家づくりで施工実績を伸ばしてきた。2003年には住宅性能の向上を目指す工務店グループe-housing函館を結成。道南エリアの住宅業界で、住宅の省エネ性能向上を牽引してきた。政府がネットゼロエネルギー建築(ZEH/ZEB)を提唱し始めてからは、新築の戸建のほか、戸建のリノベーション、アパート・老健施設まですべての物件をZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)で取り組むと宣言。省エネと創エネで光熱費のかからない家、資産価値も高い家づくりに専念している。

小規模リフォーム・修繕も丁寧に 老舗工務店の信頼受け継ぐ4代目

株式会社 マルサ佐藤建設

グループe-housing函館(イーハウジング函館)

マルサ佐藤建設は2018年で創業108年。佐藤昌博社長は、函館で木造戸建て住宅の新築・リフォーム・修繕を、顧客の要望をしっかり伺い、丁寧に取り組んできたため、地元での地名度・信頼度が高く、OB客・紹介客からの依頼が絶えない。現在は、1982年生まれの息子、佐藤健太郎専務が、先代社長に工務店経営のあり方や、顧客の要望を第1に取り組む姿勢、そしてイーハウジング函館の先輩たちからは住宅性能やzehの取組などを学んでいる。佐藤健太郎専務は、小規模な修繕やリフォームでもできる限り詳しく事情を伺い、丁寧な仕事を重視。横浜の建設会社で9年間、マンションや学校、福祉施設などの現場監督を経験したことを活かし、公共建築やRC建築にも取り組んでいる。同業者からも仕事ぶりを評価され、イーハウジング函館の会長も務める。