開放感あるスキップフロアの家 恵庭市・M邸 丸三ホクシン建設

家を建てる予定が無かった頃から、休みの日は2人で住宅展示場の見学へ出掛けていたほど「家」が大好きなM夫妻。

多くの住宅会社を見比べ、検討しましたが「ホクシン建設のオープンハウスを見て以降は、他社の家がどれも普通に見えてしまって・・・」と振り返ります。今回は、恵庭市に念願の注文住宅を建てたMさんファミリーにお話を伺いました。

家全体が明るい



恵庭市の住宅街にM邸はありました。三角屋根で総2階、バルコニーやガレージも併設され、外壁全面が道南杉を縦に板張りしているためか、大きな家に感じます。



自然素材を中心としたナチュラルな家づくりを希望していたので、外壁は板張りで木の風合いを重視し、無塗装を選びました。



玄関を開けるとすぐ、リビングを中心とした開放的な空間が広がります。天井は梁が現しで、その分天井高も広がり、頭上の空間に体感的なゆとりがあります。



階段は、中2階の「共有スペース」がある「スキップフロア」。パソコンを使ったり、娘さんが絵を描く時などに使用しています。



1階と2階をつなぐ階段まわりの断面図です。



中2階には大きな窓があるので1階と2階も明るくなります。



子ども部屋はドアで仕切られず、ワンフロアーにし、見渡せるように、右の本棚で空間をふたつに区切っています。奥様は「子どもが子ども部屋に籠もりきりになったりしないように、家族の様子がお互いに感じられる家にしたいと思ったんです」と話してくれました。



もう一つ、M夫妻がこだわったのがリビングより一段低い「隠れ家スペース」。スキップフロアの中2階「共有スペースの下を活用した空間です。ご主人の「居酒屋にあるような、あえてちょっと狭い空間が欲しい」という要望を踏まえた部屋です。「今朝も家族3人ここで朝食を食べました。開放的な家の中で唯一狭い部屋で、雰囲気が違って楽しいんです」とご主人。



2階の天井は室内側から見ても三角屋根の小屋裏形状になっています。そのため2階の子ども部屋は開放感抜群です。

丸三ホクシン建設は、断熱性能を高めるために、住宅を外側からすっぽり覆うように断熱するSHS工法を採用しています。一般的な天井断熱なら小屋裏に断熱材を充填したりしますが、SHS工法は屋根断熱なので小屋裏を設ける必要がなく、2階の天井が高くできるのです。

家族のためにマイホームが欲しい

―家を建てた動機は?

奥さま「もともと、住宅展示場などを見に行くのがとても好きだったんです。色んな家を見に行くのがちょっとした夫婦共通の趣味でした。見た目だけでなく断熱や換気などの話を聞くのも好きで札幌周辺の住宅展示場などをたくさん見に行きました」

―とはいえすぐに家を建てる予定は無かった?

ご主人「私は転勤がある仕事なので、新築戸建て住宅を建てても、転勤になればその家に住み続けられない可能性があります。そこで実際に家を建てるのは、子どもが中学校に入る2024年頃まで待とうと考えていました。なので当時は真剣に家を検討していたわけではなくモデルハウス見学を楽しんでいたのです」



―予定より7年も早く建てることになりましたね

ご主人「ホクシンさんのオープンハウスを見て、早く建てたくなっちゃったんです(笑)」

奥さま「ホクシンさんの家は、室内の雰囲気や大工さんの造作など、他の住宅会社の家とは全く違う魅力がたくさんあって、どのオープンハウスも良かったのです。ホクシンさんの家を見てからは他社の住宅が普通に見えてしまって・・・」

ご主人「それまでは転勤で家族一緒に各地を巡ろうと思っていました。でも実際は転勤するたびに子ども、そして妻も仲良くなったお友達とお別れすることになってしまいます。良い工務店も見つけたし、早めに家を建てて一つの地域に定住した方が良いと考えを改めたんです」

―ホクシン建設をどうやって見つけたのですか?

奥さま 「主人が札幌良い住宅JPで見つけました。もともと住宅会社に大工さんがいる会社、施工がしっかりしている会社を選びたいと思っていたのでホクシンさんに惹かれたんです。ホクシンさんのモデルハウスやオープンハウスを見てますます惹かれました」

―家づくりではどのような要望を?



奥さま 「家全体としてはホクシンさんの提案や仕様を採用した部分が大半です。私たちの要望したところは、主人は『隠れ家スペース』が欲しいという点。私は趣味を楽しめるミシンスペースを要望しました。ミシンスペースはリビングにありますが、作業台が雑然とすることもあるので、作業台が玄関から見えないように目隠し壁も付けてもらいました。



奥さま 「キッチンの壁は、ホクシン建設のモデルハウスを参考にレンガにしました。江別の米澤煉瓦にお邪魔して落ち着いた色合いのレンガを選びました。キッチンもオーダーで収納がたっぷりあります」



奥さま 「ガラス工房でオリジナルの照明も作っていただきました」



ご主人「隠れ家スペース」のテーブルは折りたたみ式で、大工さんのアイデアで実現しました。リビングにある大きな円卓もモデルハウスにあったものを参考に大工さんに作っていただいたオーダー品です」



―家づくりで悩んだことはありましたか?

奥さま「仕様決めなど、選択肢がいくつもあるときに、悩むことはありました。そういうときも女性スタッフがこちらの迷いを察してくれて、同じ気持ちになって考えてくれたので心強くて・・・打ち合わせが楽しかったんです。打ち合わせ最後の日なんて、これで終わりかと思って泣きそうでした(笑)。建設工事の終盤も大工さんとお別れするのが寂しくて(笑)」



ご主人 「土地探しは子育て環境や勤務地、実家のある埼玉に行きやすい空港周辺などを踏まえ、千歳、恵庭、北広島あたりを候補に、インターネットの不動産サイトを見たり、家族で車に乗って『売り地』の看板を探したりしました。あ、菜園ができるスペース確保も条件でした」

―野菜作りもするんですね?



ご主人「農業に関連する仕事でして、自宅の庭では実験を兼ねて、スイートコーン、人参、タマネギ、ぼっちゃんカボチャ、レタス、山の芋、白菜などを作っています」

―住み心地はいかがですか?



奥さま「過ごしやすくて、すごく落ち着きます。住んでいる私たちも快適ですが、遊びに来てくれた人が『居心地がいいからまた来るね』って言ってくれるんです。娘も我が家を喜んでいるし、新天地ですが元気いっぱい学校に通えています。理想の我が家が実現して、本当に良かったと思っています」

2018年03月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

この記事もおすすめ

札幌圏の取材記事