Story 取材記事

バーベキューも満喫!ログハウステイストの家 当別町M邸


ログハウスのような温かみのある住宅を望んでいたMさんファミリー。辻野建設工業が手がける当別町金沢地区の田園住宅を見て「こんな家を建てたい」と決意し、理想のマイホーム建設へと動き出しました。

「当別田園住宅 つじのムラ・プロジェクト」を手がける辻野建設工業は、気候や風土、街並み、景観に配慮した地域性を活かした家づくりに定評がある会社です。また、自然素材や薪ストーブの提案も積極的に行っています。

のどかな田園風景のなかで暮らすMさんファミリーに、家づくりへの想いを取材しました。



リビングは、階段を上った先の2階にあります。梁や柱を大胆に見せる構造現しのゆったりとした設計と、ナラの無垢材を使った木の温もりが感じられる床が印象的な空間となっています。部屋の中央に置かれたテーブルは、物づくりが好きなご主人が自分で製作しました。



M邸の自慢であり、ファミリーが家づくりで特に重視したのが窓から望める贅沢な景観です。当別の田園風景を一望しやすいように、リビングを2階に配置しました。

当初、ご主人は景色を眺めやすくするためにさらに大きな窓を取り付けたかったそう。ですが、安全性を考慮して辻野建設工業が現在のサイズのものを提案。希望していたサイズより小さくはなりましたが、安全性が確保されながらも景色がよく見える最適な大きさの窓を取り付けられました。夜には、札幌ドームや恵庭の夜景も眺められます。

「暖かい家に住みたい」を実現した薪ストーブ



Mさんファミリーが辻野建設工業との打ち合わせで特にこだわったのが、薪ストーブです。以前に住んでいた家が寒かったことから、家の温かさに関しては強いこだわりがありました。断熱・気密に優れた辻野建設工業の建物に薪ストーブを導入することで、実際の暖かさはもちろん、室内の雰囲気も気に入っているそうです。



対面型のキッチンは、リクシルのショールームで選んだものです。ショールームへは辻野建設工業の担当者とともに足を運び、家事のしやすさや収納などをよく話し合いながら納得のいくものを厳選しました。

ロッククライミングで行けるご主人自慢のロフト



リビングから天井を見上げると、ロフトが目に入ります。当初は吹き抜けの天井となる予定でしたが、大工さんにロフトの作り方を聞きながら、旦那様が自分で梁を足しました。



ロフトへはリビングからも行けますが、娘さんの部屋からロッククライミングのように上りながら移動できる、遊び心がありユニークな動線になっています。

BBQができるベランダが来客に好評



そして、すでに図面ができ工事も始まっていた中、急遽追加したのがベランダです。娘さんの友達や家族を呼んで、ここではよくバーベキューをしています。ベランダでバーベキューをしている間、隣のリビングではカラオケが開催されるなど、来客で賑わうことも多いM邸。ご家族でこだわり抜いた自宅は、ほかの親御さんからも「家の造りが面白いし景色も良い」と高評価です。

段差がなく光が差し込む明るい玄関



木の温もりが感じられ、光が差し込む明るい玄関。玄関ホールに段差を設けなかったのは「一緒に住む祖父のことを考えて」とのことです。将来的に車椅子が必要になっても、段差がないためスムーズに家の中へ入れます。また、左手のシューズクローゼットには扉がついていませんが、カーテンがかけられ来客からは見えないような工夫も。



玄関から廊下を真っ直ぐに進むと、広々としたウォークインクローゼットとランドリールームに辿り着きます。ランドリーについて「以前に住んでいた家と比べて、洗濯作業が楽になりました」と語る奥様。洗濯機から衣類を物干し竿にそのまま移動し、乾燥後はその場で畳める手軽さが魅力です。

家づくりついてお聞きします

Q家を建てるきっかけは?



もともとは、この家のすぐ横にある中古の戸建て住宅を購入しました。ですが、あまりにも室内が寒く、新たに家を建てたいという気持ちがありました。どのように家を建てれば良いのかわからず悩んでいたところ、当別で田園住宅を見て「こんな家を建てたい」と強く感じたのが始まりです。その田園住宅を辻野建設工業が建てたと知り、家づくりをお願いしようと決めました。

Q家づくりでこだわったことは?


階段の壁に飾られている娘さんが描いたウェルカムボード


夫婦ともにアウトドアが好きで、「ロッジのような家に住みたいね」なんて話をしていました。今回の家づくりでは、自分たちで梁を足したり、辻野建設工業さんに照明の種類を教えてもらったりなど、自作のインテリアも含めてログハウスのような家を目指して試行錯誤しました。

Q家の住み心地は?



外気をアースチューブで床下空間へ運び、パネルヒーターで温めるパッシブ換気システムを採用しています。以前の家はとにかく寒かったのですが、今の家に住み始めてから「家って暖かいんだ」とうれしくなりました。暖かくて景色も良く、理想の住宅を実現できたと感じています。

Q家づくりの感想は?



家づくりを始める前は、理想の家を漠然とイメージするだけで、本当に実現できるのか不安でしたが、辻野建設工業さんが私たちの希望を聞いてくれて、プランを5~6回ほど変更しながらも柔軟に対応してくれたおかげで、希望を叶えることが出来ました。

また、工事の途中に大工さんが「通常より丈夫な木目の床板を使っているんだよ」などと性能面の話もしてくれ、子どもに家を残すため性能面で妥協したくないというこちらの希望に添った本当に良い提案をしてくれたのだなと実感しました。

「田園住宅を一緒につくりませんか?」


(株)辻野建設工業 辻野浩社長

株)辻野建設工業は、北海道当別町の地元企業として、地域性を生かしたさまざまな事業を展開し、暮らしに、住まいに、町にプラスとなる、豊かさを持ったライフスタイルを提案し続ける会社です。田園住宅や持続可能なエコ住宅の住宅設計や、企画に興味のある方は同社ホームページで詳しい情報をご覧ください。


2021年12月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

辻野建設工業株式会社の取材記事