Story 取材記事

中廊下にヌックや飾り棚のあるかわいい洋風平屋 妹背牛町N邸


旭川の老舗製材会社の住宅部門として、木を生かした設計に定評がある「昭和木材」。和モダンのインテリアでも人気の同社ですが、今回ご紹介するN邸は、かわいらしい洋風の佇まいが印象的です。30代のご夫婦と娘さんが暮らす平屋住宅を訪ね、お話を伺いました。



奥さまのご実家の隣に新築した、三角屋根の平屋です。



朝日が入る東面に居室を配し、西日が差し込む西面(写真手前)には、お風呂やユーティリティー、トイレなどの水回りを配置しています。



玄関は、シューズクロークを備えた家族用と、来客用にルートが分かれています。写真左のトイレは、縦ストライプの壁紙がアクセントになっています。



壁全面に造作棚を備えたシューズクロークは収納力抜群。帰宅後の動線上には、小さな手洗いボウルを付けました。

中廊下も心地よい生活のスペースに



N邸は、玄関からLDKへつながる中廊下の両側に寝室やユーティリティーが配置されています。



玄関ホールや廊下、キッチンに付けた小窓がアクセントになっています。室内5カ所に付けた小窓は、すべて正方形で統一してリズミカルに。表面がゆらめいて見える波ガラスを使用しています。



アーチ状の下がり壁とアクセントクロスでひと際映えるヌック風スペース。DIYが好きなご主人がお手製の収納ベンチを作ったので、ゆったりくつろげる場所になりました。

※ヌックとはこじんまりした居心地の良いスペースを指すインテリア用語

奥さまの「好き」なイメージを、設計に落とし込んで

「奥さまは、好きなデザインや理想のイメージがはっきりしていらしたので、設計の参考になる写真をたくさん共有してくださいました。

ご主人は、奥さまの話を聞いて意見を尊重しながらも、梁の使い方や扉の色などの要所を決められ、ご夫婦の絶妙なバランスを感じながら、安心して家づくりを進めることができました」と設計担当の林さん。


キッチンコンロの前壁にある小窓は、ついのぞき込みたくなるかわいらしさ!


機能性だけを追い求めるのではなく、「こんな家が作りたい」という思いを設計に落とし込み、相談を重ねながらブラッシュアップしていきました。



リビングに面したオープンなキッチン。背面収納にはタモ材の木目を縦使いし、すっきりとした仕上がりにしました。広いワークトップはお子さんとのおやつ作りにもぴったりです。



キッチンには背面収納のほかに、外気を取り込む保冷庫(写真右)を備えています。



キッチンとユーティリティーの間にある造作洗面台は、「魅せる」デザインに。タイルはNさんと設計の林さんで、床に並べて模様を考えてから取り付けました。



洗面室横はユーティリティーとバスルームにつながっています。右手の収納スペースに、ニトリのケースがシンデレラフィット!壁内に収まった収納部分が、中廊下のディスプレイスペースになっています。



子ども部屋や寝室以外はひとつながりになっている回遊式なので、お子さんがどこにいても目が届き、子育てしやすい造りです。

木の良さを引き出す、昭和木材の技



テレビ背面の壁は、Nさんご夫婦も林さんも大のお気に入りという見せ場のひとつ。色合いが個性的な、無垢・無塗装のウォールナット材を大胆に使用した壁は、年を重ねるごとにオレンジ味が増していくそうです。

ほかにも、アール状の下がり壁やポイント使いした天井の木、すべて面取りされた壁材など、随所に「昭和木材らしさ」が盛り込まれています。



「ナラ材で造作していただいたダイニングセットは、座面のカーブが絶妙なので、クッションを使わなくても疲れません」とご主人。



キッチンに立つとリビングの様子を見渡すことができます。インターホンが収まるニッチは、かわいい家のシルエットに。ナチュラルな空間に、家電が馴染むアイデアです。



無垢のナラ材を使った床は、裸足で歩きたくなるほどやさしい肌触り。娘さんは、いつも家の中をのびのびと走り回っているそうです。

生活の中に、趣味の要素や遊び心を取り入れて

梁から下がるハンモックや中廊下のヌック風スペースなど、N邸は遊び心あふれるアイデアがいっぱいです。



リビングの梁を使ったハンモックは、娘さんが大好きな場所になりました。



ウォークインクローゼットを備えた洋室。ご主人のDIYにより、趣味のキャンプ道具の収納棚や書斎ができあがっていました。



子ども部屋にはクローゼットの他に可動棚を造作。今はお子さんのプレイルームとして使っています。

Nさんご夫婦にお聞きします

Q.昭和木材との出会いは?

A いつか1階の部屋だけをメインに使う時が来ると考えて、平屋建てにすることだけ決めていました。昭和木材さんが当麻町で開催した平屋のオープンハウスで、初めて会社のことを知りました。(2021.7.21 いえズーム取材 S邸)当麻町S邸の記事はこちら



Q.依頼の決め手は?

A 家づくりを始めるにあたり、住宅展示場などで沢山の家を見学しました。各社を回りながら、「自分たちの意見を聞いてくれる会社に依頼しよう」という気持ちが固まりました。

「あの会社で建てたのね!」と言われる家ではなく、「この家、どこの会社で建てたの?」と言われるような、自分たちだけの家を建てたいと思ったからです。

木を生かした家を造りたかったので、『木のことを知る製材会社さんが安心』という信頼感も、お願いする決め手になりました。

【記者の目】
「収納扉の木目は、縦にするか横にするか」「壁材はウォールナットにするかパインにするか」。一つひとつのアイテムを吟味したエピソードに、Nさんご夫婦と林さんのチームワークの良さが垣間見える取材でした。


1階床面積  102.68㎡(31坪)
延床面積 102.68㎡(31坪)
構造・工法 木造(在来工法)
断熱(壁) 吹込用ロックウール厚 60kg100mm
(付加)押出法PSF3種b 30mm
断熱(天井) 吹込用ロックウール厚25kg 300mm
断熱(基礎) 外 押出法PSF3種 50mm
内 押出法PSF3種 50mm
スカート断熱3種50mm
断熱(窓) エルスターX(トリプルガラス)
一部 エルスターS(ペアガラス)
換気  第3種換気システム
暖房 エコフィール(灯油)
セントラル暖房

2022年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

昭和木材株式会社 住宅事業部の取材記事

家づくり体験談 投稿募集中!