Column いえズーム コラム

スキップフロアの施工例15

スキップフロアで1階、中2階、2階といった立体的な階層をプランすると、例えば中2階に共有ホールを設ければ家族の団らんや勉強スペースになったり、そこに洗面スペースやトイレを設ければ、1階、2階のどちらからもアクセスしやすい空間になったりします。壁や扉ではなく、高低差で部屋を分けるので、1階と2階を空間的なつながりをつけて、家族の気配が伝わる家づくりという意味でも効果的です。



また、リビングにベンチのような(収納も兼ねる場合も)段差を設けるスキップフロアもあります。収納力を高めたり、腰かけられる椅子がわりになったり、空間のアクセントになったりもします。土地自体が高低差がある場合などに、段差の違和感を解消したり、狭小地でも広く見せることができます。

そのほかにもスキップフロアにはさまざまな利点があります。今回は、これまでにいえズームで取材させていただいた中でスキップフロアを採用された方のお話をまとめました。

二世帯がつかず離れずのスキップフロアのリビング 札幌市T邸/マルトモホーム



マルトモホーム(丸友サービス株式会社・札幌市東区本町)は、スキップフロア構造を得意とする住宅会社です。北向きの土地や狭小地で、光を採り入れるための対策として考案されたのがきっかけで、スキップ構造がまだ珍しかった1990年代初頭に、同社は第一棟目のモデルハウスを発表し、センセーショナルを巻き起こしました。

1階と2階をつなぐのが、中2階に設けたリビングです。床の高さが違うことで、目線が変わって楽しいだけでなく、ダイニングともゆるやかにつながって、広がりも感じさせてくれます。

リビングとダイニングは2つの世帯の共有スペースになっています。「コロナ禍では両親と食事の時間を分けるなどして生活できました。距離を保ちながらも顔が見える、適度に離れていてもつながった感じがよかったです」と奥さま。3人の孫と、それまで離れて暮らしていた高齢の祖父母が互いに心地よく過ごすのに、とくにこのリビングが果たす役割は大きいといいます。

奥さま スキップフロアのリビングを通って、2階に向かうときの動線がいちばん楽しく感じます。この家はたぶん、30年経っても変わらず好きでいられるような気がします。
二世帯がつかず離れずのスキップフロアは収納も大充実 札幌市Tさん/マルトモホーム

平屋でも「階段が欲しい!」という子供たちの希望を叶えるスキップフロア 芽室町O邸/イゼンホーム



教育関係の仕事をされている奥様は、自然と子ども目線での家づくりに。「移動が楽で暮らしやすい平屋の家を」という大人の希望と「家に階段がほしい!」という子どもたちの希望を両立させるために、LDKの一角にスキップフロアを作りました。その下は収納を兼ねた秘密基地のような空間になっています。
子どもたちも大満足!夏は涼しく、冬は暖かなパッシブ換気の家/芽室町Oさん

スキップフロアに小さな書斎…愛着深めるオリジナルの間取り 清水町T邸/プラスワイド



階段の途中にはスキップフロアが。
リビングに面したデスクの下には足を入れられるようになっています。

「せっかく注文住宅を建てるなら少し遊び心のある造りにしてみたいと思っていたんです。子どもができた時に喜ぶかな、なんて思っています」
ソーラー発電で暮らすスタイリッシュモダンな家/清水町Tさん

くつろぎの空間がつながる4層構造 定山渓H邸/丸三ホクシン建設



Hさんはご夫婦と3人の子どもたちの5人家族。この家は4層構造のスキップフロアになっています。1階にはダイニングキッチンと家族の寝室が設けられ、数段下がったフロアは子どもたちの居場所と収納スペース。1.5階がリビングで、さらにその上には寝室とフリースペースとして使っている小屋裏が2カ所あります。

「1階、2階と分かれるのが嫌で、すべてがつながっている空間にしたかった」と言うHさん。当初はフルフラットの平屋も検討していましたが、床面積が広い平屋だと予算オーバーになるため、スキップフロアの2階建てを選択。それぞれが別のフロアで過ごしていても、家族の声や気配が身近に感じられるのは、この構造のおかげです。
絶景を眺めるスキップフロアの家 定山渓H邸/丸三ホクシン建設

5層構造のスキップフロア  札幌市2ND STEP(セカンドステップ)モデル/協栄ハウス



リビング階段の右横には、ダウンフロアになった部屋が見えます。
中は、半地下のようになった4.5帖の洋室です。ちょっとした“おこもり感”あるスペースで、お子さんのプレイルーム、客間など、さまざまな用途に活用できます。



リビングから階段を上がると中2階がホールになっています。
洗面室と脱衣室のほか、浴室があります。1階は玄関ホール、LDK、客間、脱衣所、お風呂、トイレなど配置したい部屋が多くなりがちで、狭小地だとどれかを2階に移す、もしくはそれぞれの空間を小さくする、という選択が必要になります。
しかし、このプランの場合、半地下の洋室の上に、脱衣所や洗面、お風呂を中2階に配置してあるので、1階にゆとりを確保できます。また、中2階は1階と2階のどちらからも行きやすく、生活に便利な動線が実現できます。
札幌市東区にモデルハウス+宅地分譲/協栄ハウス

吹抜け+スキップフロアのリゾート感あふれる家 札幌市Yさん/(株)キクザワ

恵庭育ちのYさんご夫婦は、マイホーム建築にあたり、自然素材を使った居心地の良さや使いやすい間取り、造作のオリジナル家具などで人気のある地元・恵庭の工務店キクザワに設計・施工を依頼することにしました。



吹抜のリビングはスキップ構造になっていて、1階フロアから2段下がったところに7畳の半地下空間があります。その上にも階段途中のフロアがある、リズミカルな造りです。
吹抜け+スキップフロアのリゾート感あふれる家 札幌市Yさん/(株)キクザワ

2WAYの階段でつながる高天井のリビング 札幌市/アシストホーム



玄関を開けてまずびっくり。いきなり二方向に階段があります。実はどちらの階段もLDKにつながっています。
リビングは吹き抜けで、窓は南向き、開放感のある気持ちのいい空間です。
よく見ると、壁掛けテレビ左横の開口や、インターホンを取り付けた壁のニッチ、階段側の飾り棚などが、すべて三角屋根のおうち型。同じモチーフがリンクして統一感のあるデザインになっています。
テレワークも快適!工房と隠し部屋のある家 札幌市/アシストホーム

マルワホーム企画のスキップフロア事例 岩見沢市I邸



可愛い兄弟が見つめる出窓の先。そこには、紅葉に彩られた森が広がっています。 ここは、Iさんご夫婦が「セカンドリビング」と呼ぶ2階に設けたスキップフロア。大きな窓からは季節ごとに移ろいゆく木々の様子や空が眺められ、自然と心が解きほぐされる空間です。
景色に癒される2棟目マイホームもマルワホーム企画で 岩見沢市I邸

家族のコミュニケーション深まる、4層スキップフロアの家 札幌市I邸/北渡建設

北渡建設で新築し、今年9月に入居したIさん。最大の特徴は4層のスキップフロアプラン。このプランに至るまでは、6年にわたるIさんと北渡建設との「縁」があります。



床から土間の高さまで掘り下げた階段下のペットスペース、1階、吹き抜け階段の踊り場、踊り場から出入りできる書斎、そして2階と、Iさんのお宅は内部が4層構造のスキップフロアになっており、玄関を入ると大工さんの丁寧な仕事ぶりが感じられる造作収納家具や建具が出迎えてくれます。詳しくは↓記事参照ください。
家族のコミュニケーション深まる、4層スキップフロアの家/札幌市 Iさん 北渡建設

スキップフロアに畳のフリースペース 恵庭市K邸/キクザワ

2022年8月、恵庭市Kさんの新居が完成しました。設計・施工したのは、自然素材をふんだんに使った温もりと、断熱・気密に優れた高性能な住まいづくりで人気のキクザワ(恵庭市)です。



2階フロアの手前には、中2階(スキップフロア)の畳のフリースペースがあります。今はお子さんのプレイスペースとして重宝しているそう。文机を設けることで絵本を読んだりお絵描きや工作を楽しんだりとちょっとした作業スペースとしても活用できます。階下は半地下空間を活用したご主人の書斎になります。



作業用のデスクを完備した書斎。楽器演奏が趣味だというご主人の希望で壁は簡易防音になっています。集中して作業ができ、重宝しているそう。
空間の「余白を楽しむ」片流れ屋根のオフグリッドな家 恵庭市Kさん/キクザワ

スキップフロアの共有スペースと下の空間を活用した隠れ家スペース 恵庭М邸/丸三ホクシン建設

恵庭市のМ邸は、ご夫婦で住宅展示場を見学するなかで、ホクシン建設のオープンハウスも見学。それ以来「他社の家がどれも普通に見えてしまって・・・」と振り返ります。



中2階には大きな窓があるので1階と2階も明るくなります。階段は、中2階の「共有スペース」がある「スキップフロア」。パソコンを使ったり、娘さんが絵を描く時などに使用しています。



もう一つ、M夫妻がこだわったのがリビングより一段低い「隠れ家スペース」。スキップフロアの中2階「共有スペースの下を活用した空間です。ご主人の「居酒屋にあるような、あえてちょっと狭い空間が欲しい」という要望を踏まえた部屋です。「今朝も家族3人ここで朝食を食べました。開放的な家の中で唯一狭い部屋で、雰囲気が違って楽しいんです」とご主人。
開放感あるスキップフロアの家 恵庭市・M邸 丸三ホクシン建設

スキップフロアのリビング 札幌市南区N邸/アシストホーム


札幌市在住のNさん。

最初に性能と費用の基準を把握しようと、全国に支店を持つ大手ハウスメーカーのイベントに参加。

さらに、数社のモデルハウスを見学しましたが、次第に「規格品の組み合わせはイヤだ」と考えるようになったそうです。

複雑な段差のある土地でしたけど、アシストさんは『変形の土地はむしろ得意』というのでお任せしました。

こういう難しい土地だから個性になるというか、プランナーの腕の見せどころなのでは、という想いもあったんです」

村田さんが提案したリビングはスキップフロア。ダイニングよりも床面を少し下げたつくりです。

「ちょうどベンチ代わりに腰掛けられる高さなんです。お客さんが大勢来ても、みんな輪になって座ってなごめる。これはすごく良かったなと思って…」
2mの高低差を活かし、上から下へ光が通り抜ける家に(札幌市南区N邸)/アシストホーム

スキップフロアで5層構造に 札幌東区モデルハウス/協栄ハウス

今回取材に伺ったのは、協栄ハウスが得意とする「全室低温水床暖房システム」「外壁スクエア形状」などが特徴の「WORTH HOUSE」(ワースハウス)。その中でもスキップフロアのプランニングとなる「2ND STEP(セカンドステップ)モデル」です。

このモデルハウスは延床面積が約31坪。特に札幌圏は土地価格が高騰している中、限られた面積の中で、いかに快適な暮らしを実現するか、その選択肢の1つとしてスキップフロアになっています。リビング階段の右横には、ダウンフロアになった部屋が見えます。



2階の上にはロフトが。梯子で上るロフトと違い、階段で行き来がしやすく、6帖と広めです。1階から2階に上がる階段の段数は、通常の2階建てと同じ段数です。
札幌市東区にモデルハウス+宅地分譲/協栄ハウス

1階天井高に合わせた中2階がつながるスキップフロア構造 石狩市・F邸/ブレイン札幌

札幌の工務店、ブレイン札幌は、住宅性能や床暖房で知られる住宅会社ですが、設計・プラン面は、建築家と連携するので、デザイン・プラン力の高い家づくりが可能です。スキップフロアの事例もあったのでご紹介します。



階段の踊り場からの眺め。上階は3mある1階リビングの天井高に合わせた2階(濃紺の壁紙の貼られたフロア)の手前に、通常の1階天井高に合わせた中2階がつながるスキップフロア構造。設計士さんのアドバイスにより、高さや奥行きを感じられる立体感あるデザインになっています。
独自床暖房の快適設計&高天井のリビングの家/石狩市・ブレイン札幌

スキップフロアを書斎として活用 当別町H邸/辻野建設工業



こちらは、玄関から見上げたところ。中2階のスキップフロアは書斎として使っています。1階には寝室やユーティリティーを設けました。
札幌近郊で薪ストーブのあるすてきな暮らし 3事例 辻野建設工業

スキップフロアを効果的に使った、眺望重視の開放的な2DK ニセコ町・Y邸/アウラ建築設計事務所


アウラ建築設計事務所の家づくりは、代表:山下一寛さんとの雑談を交えたミーティングの中からきめ細かく家族の要望を受け止め、家づくりに反映させていきます。

ガレージハウスや北海道移住者の家づくり、車椅子住宅や身体の不自由になった方がいらっしゃるご家族のための住宅設計、店舗、施設など、顧客のさまざまな要望にきめ細やかに対応する点が魅力です。

オーナーのYさんは、息子さん、猫たちと暮らしています。

ニセコの山々に囲まれたこの土地をあらわすような屋根の形と、大地の色を感じさせる外壁のシンプルなたたずまいが印象的。

Yさんの部屋は、リビングダイニングから4段ステップを上ったところにあるスキップフロア。

部屋の外には桜の木が植えられていて、シーズンになれば窓越しに満開の花を楽しめます。

また、部屋の隣には車いすでも入れる広さのYさん専用トイレがあり、愛猫たちのスペースも同じ高さに配置しています。
ニセコ移住。ネコと自然の中で暮らすロフト付き平屋 ニセコ町・Yさん/アウラ建築設計事務所

吹き抜け下のスキップフロア シノザキ建築事務所



ウォルナットの無垢床に生成り色の塗り壁、シンプルながら上質感ある明るいリビングです。吹き抜けの下にあたるスキップフロアには、落ち着いた色の造作ソファーが。親子で遊んだりゴロンと横になったり、お客さまが来てもリラックスして過ごせそうなスペースです。
時間をかけて創り上げた上質な住まいを見学!/シノザキ建築事務所

秘密基地のようなスキップフロアのフリースペース 江別市N邸/シノザキ建築事務所

階段の踊り場を広くしたスキップフロアのフリースペース。目の届く場所で勉強させるために造ったそうですが、この秘密基地のような小空間があることで落ち着いた雰囲気のリビングに遊び心が加わりました。



造作したカウンターは足を伸ばして座れる掘りゴタツ方式。小さな子供なら頭までもぐり込んでしまえて隠れんぼにはもってこいです。イタズラもできそうですが「ソファに座っているお父さんにはわからなくても、キッチンにいるお母さんにはしっかり見えています」と篠崎さん。転落防止柵と目隠しを兼ねた木の格子は階段が出来た後、キッチンから子供の姿が見えているかを確認しながら造り方を決めたそうです。
夢を育むスキップフロアの隠れ家/江別市Nさん

たたみ1枚分のスキップフロア的書斎スペース 札幌市/イゼッチハウス北海道



2階へ上る階段の脇に、小さな子どもが喜びそうな、オモチャの小部屋がありました。腰の高さまであるR形状の開口部は、まるで "かまくら" のよう。そこには"よちよち歩き"がかわいらしい、1歳になる女の子が遊んでいました。畳1枚分の広さでありながらも、小さなお子さんにとっては、広々スペース。近い将来お友達を呼んで、おままごとをしたくなるような、そんな秘密の空間でした。このスペースのアイディアは、奥さんが雑誌でみつけて「いいな」と感じた設計を、そのまま担当の坂本さんに伝えたことで実現させることができました。

お子さんの遊びスペースの上部には、小型飛行機のコックピットを思わせる、たたみ1枚分のスキップフロア的空間がありました。階段の踊り場付近に設けたこの場所は、ご主人の書斎スペース。ここで家族の気配を感じながら、心ゆくまで「自分じかん」を過ごします。

「建設工事中に、直接現場で打ち合わせをさせていただいて、リビングを見下ろせる場所であることを確認してもらった上で、設計に落とし込みました」と話すのはN邸を担当した坂本さん。

ご主人はコンサドーレ札幌のファン。リビングの大画面テレビで放映される試合の中継を、まるでスタジアムからサッカーフィールドを見下ろすような感じで観戦できる絶妙な位置関係におさめたと言います。入念な打ち合わせの末に生まれたこの書斎では、わずか1畳のスペースの楽しみ方を、幾重にも広げたユニークな設計になりました。
書斎がサッカースタジアムに⁉可愛らしさいっぱいの南欧風住宅/イゼッチハウス北海道

傾斜を活かしたスキップフロア 芽室町T邸/水野建設



緩やかに傾斜した屋根とカラマツの外壁が特徴のT邸。建物は土地の傾斜を活かし、一部をスキップフロアに。土地の高い部分にあたる写真の奥側が1階、低い部分にあたる手前側が0.5階と1.5階というような構造になっています。

LDKと階下・階上をつなぐスキップフロアです。段差が低いため、子ども部屋のある1.5階とLDKには一体感があります。
傾斜を活かしたスキップフロア 林の中の家/芽室町T邸 水野建設

趣味を楽しむスキップフロア風の空間 清水町Y邸/カントリーヴィレッジ



Y邸で印象的だったのがこちらの階段です。踊り場が中二階(スキップフロア)風に使われ、小さな部屋のような空間になっています。ピアノを置く案もあったというこちらのスペースは、ご主人の趣味である熱帯魚とディスプレイのコーナーに。アンティークの照明が印象的です。
ストレスフリーな住み心地/清水町Y邸 カントリーヴィレッジ


目次


2022年04月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。

探したい地域はどちらですか?