Column いえズーム コラム

平屋住宅の施工例まとめ10(札幌ほか北海道内)

「平屋住宅」を選択される方、明らかに増えています。

総2階のほうが、土地の大きさも、屋根面積も変えずに、延床面積を大きくできるので、これまでは
2階建ての住宅がスタンダードだったと思います。しかし、



核族化、少子化が進んでいて同居の人数が減っているので、そもそも家の大きさも部屋数も以前ほど必要ないから平屋で十分。

大きな家、立派な家で見栄を張るより、コストを抑えて無理のない家計にしたい。客間に客を泊めることも実質ほぼない。平屋の小さい家のほうが掃除もメンテも楽。

近い将来、階段を上り下りするのがつらくなる。子供が独立したら、妻と夫だけ。2階はさほど必要ない。

子どもが2階の子供部屋に引きこもる可能性を考えたら平屋のほうが親子のコミュニケ―ションが深まる。

障がいがあっても自立生活で暮らしを豊かにしたい。

など、いえズームでも平屋住宅の取材が増え、その事情も上記のように、以前より多彩になっているのを感じます。

そこで今回は、平屋住宅を建てたオーナーの家づくりを伺いました。


目次

平屋住宅事例 高断熱・高気密、耐震にこだわった開放的な平屋の家/北広島市Y邸/リビングワーク

JR駅から徒歩圏、緑地帯沿いにある日当たりの良い角地にYさん邸はあります。洋風瓦の無落雪屋根で、玄関から続く縁側のような少しなつかしい軒下空間。見上げると、軒の裏部分に当たる「軒天(のきてん)」までナチュラルな木目調に統一。なるべく凹凸のない平屋建てというYさんご夫妻の希望に、リビングワークさんがこたえた形です。

凸凹の少ない家は、それだけ断熱・気密性能が高められる、建材などの無駄なコストがかからないというメリットがあります。そして、平屋建ての家は、このところ人気が高まっていて中古物件でも買い手が付きやすくなっています。Yさんが平屋の家を選んだのも、ご実家や職場のOBの方から、「子どもが成長して家を出ると、階段を上るのもおっくうだし、2階は使っていない」という、リアルな声を聞いたからでした。


高断熱・高気密、耐震にこだわった開放的な平屋の家/北広島市Y邸/リビングワーク

取材記事 高断熱・高気密、耐震にこだわった開放的な平屋の家/北広島市Y邸/リビングワーク

北海道日本ハムファイターズの新球場「ボールパーク」建設決定に沸く北広島市で、マイホームを新築した共働きのY邸にお...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 仕事道具はガレージに収納 リビングとダイニングは兼用 収納量に合わせてモノを減らす選択も 石狩市Hさん/サンケイ建匠



主人の仕事で扱う商品や道具類を置くための倉庫代わりになる広いガレージが必要でした。以前の暮らしを考えると、上り下りが億劫になる2階は必要ないと考え、平屋を希望しました」と奥さま。倉庫代わりの車庫には商品や段ボールを入れる大型ゴミ箱など大きい荷物がびっしり。ゆうに20畳を超える広さです。道具がしまえる収納棚や手洗い、ハンガーパイプなども設置してご主人も快適に使われているそう。

リビングはダイニングと兼用です。広いビルトイン・ガレージを確保するためにはどこかを削らなくてはならず、夫婦二人が寛げる必要最低限のスペースで良いと割り切ったそうです。ゆったりとしたソファーにガス圧昇降式のテーブルの機能的な組み合わせは大正解。ご主人は居心地が良くて食事後に寝てしまうこともあるそうです。


綿密に計画した収納とファース工法で快適な暮らしを実現・石狩市Hさん/サンケイ建匠

取材記事 綿密に計画した収納とファース工法で快適な暮らしを実現・石狩市Hさん/サンケイ建匠

今回は奥さまのご実家を建て替えて、サンケイ建匠でオフィス兼自宅を新築したHさんのお宅を訪ねました H邸は2つのオーバ...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 ゆとりの敷地を生かし、家事動線を大切に考えた平屋のプランニング 札幌市K邸



K邸は三角屋根の平屋づくり。敷地は130坪を超える広さがあり、玄関のとなりに大型のビルトイン・ガレージを設けても、となりのおうちとの境界にはまだまだ余裕があるほどです。

南側には広い庭が確保できるようになっていて、ガレージは往来からの視線を遮り、プライベートガーデンとなっています。暖かい季節には庭や畑、バーベキューなども楽しむ予定です。

当初から上り下りの必要のない、平屋を希望していたKさん。そのまま寝そべるのにも丁度よい小上がりは、ゆくゆくは老後の暮らしにも役立ってくれそうです。

キッチン奥に配された約5畳大のウォークイン・クロゼットから、4畳大の洗面・洗濯室、脱衣室、浴室が一直線に並ぶ水回り・収納空間。平屋の暮らしをサポートする大きめの収納が水回りと隣接し、出勤時の動線に優れた間取りになっています。


三角屋根を活かしたおおらかなLDKと時短動線がうれしい共働き夫婦の家/リビングワーク

取材記事 三角屋根を活かしたおおらかなLDKと時短動線がうれしい共働き夫婦の家/リビングワーク

結婚を機にマイホームを新築されたKさん。家づくりのパートナーに選んだのは、札幌・厚別の地に根ざし、「高性能×すてき...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 2階建てを1階にリノベーション 階段なしが快適&断熱・内装・収納・動線まで大改造 恵庭市S邸

家族構成が変化し、思った以上に広く感じられる住み慣れたわが家。2階を使っていると、階段の上り下りが億劫だし、トイレは1階なので行くのが大変で、つい1階の客間を主寝室に使ってしまいがち…。冬の寒さも身に染みて、思い切って平屋に減築し、高断熱・高気密住宅へとリノベーションしてみたい・・・



リノベーションにより、2階建てから平屋建てになったSさん邸。高さ4mを超える吹き抜けのあるLDKを中心に、明るく開放的な住空間が広がっています。リノベーションの際のコンセプトや提案内容などについて担当の金谷さんにうかがいます。
金谷さん「1階だけで完結できる住まいは、私自身が暮らしやすさを実感しており、ご提案しました。ご高齢になるにつれて階段での上り下りは大変ですし、掃除などメンテナンスの面でも平屋は効率が良くおすすめです。

また日差しを取り込むためにLDKには三面採光の吹き抜け天井を提案しました。この吹き抜けがあることで、伸びやかな空間が生まれています。


リノベで実現!使いやすい動線と自然素材の心地よい家/恵庭市Sさん キクザワ

取材記事 リノベで実現!使いやすい動線と自然素材の心地よい家/恵庭市Sさん キクザワ

家族構成が変化し、思った以上に広く感じられる住み慣れたわが家。2階を使っていると、階段の上り下りが億劫だし、トイレ...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 日々の生活に本当に必要な広さや設備を吟味し、無駄を排して小さく造ることで実現できる、上質で豊かな空間/芽室町K邸



ミニマリスト向けの合理的で上質な家があってもいいのでは?
十勝・音更町にある(有)水野建設はそう考えました。
「ミニマムスタイル」は、同社が考えたミニマリスト向けの新しい住宅です。

Kさんご家族は昨年12月、帯広郊外に水野建設で念願のマイホームを完成させました。
日々の生活に本当に必要な広さや設備を吟味し、無駄を排して小さく造ることで実現できる、上質で豊かな空間。

2LDKの平屋建てで建物面積は約24坪。玄関前には住宅と一体になった物置兼カーポートがあり、実際はもっと大きく見えます。

帯広市内でアパート暮らしをしていたKさんご夫妻。奥さまの妊娠をきっかけに、赤ちゃんの泣き声などで周囲に気兼ねなく子育てができる環境を求め、戸建住宅の建築を決意しました。

個室は子ども部屋1つと夫婦の寝室、合計2部屋。奥さまは、「子ども部屋が必要なのは、小学校から高校ぐらいまでの10年ほど。子ども部屋を広く造ってその後持て余した話をいくつも聞いているので、無駄に広く造る必要はなく、2人で6畳もあれば十分だと思っています」と話します。老後のことを考えて、室内ドアは開けやすい引戸にしました。


薪ストーブに200mm断熱、地産地消の平屋 芽室町Kさん/水野建設

取材記事 薪ストーブに200mm断熱、地産地消の平屋 芽室町Kさん/水野建設

ミニマリストに向けた家を提案 「ミニマリスト」とは、最小限の上質で必要なモノだけを持ち、お手入れをしながら大切に使...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 中古リノベーションから新築戸建て・平屋に変更 性能&プランを思い通りに 北見市О邸・光栄建設



平屋建てなのでLDKや水回り、子ども部屋や寝室など全てが一階にありますが、それでもリビングの大きさを確保することが要望の一つでした。

Оさんファミリーは、以前は北見市内の賃貸アパートに住んでいました。賃貸住宅は、十分な断熱・気密性能がない物件も多く、家の寒さ、そして何よりも結露が大きな悩み。共働きで、夕方帰宅すると、室内が芯まで冷えているような状況でした。

お子さんが誕生するのをきっかけに、暖かく省エネで、結露の心配がなく、快適に過ごせる家ということで戸建て住宅に住むという選択肢が浮上しました。

最初は、話題になっている「リノベーション」に興味を持ちました。中古住宅を探し、立地や建物の状態と価格など条件面も含め物件探しを約2年行いました。しかしこれという物件に出会えず、新築の平屋に方針を変更。板状の断熱材「スタイロフォーム」でスッポリ覆ってしまう断熱工法・SHS工法を採用し断熱気密の課題をクリアするとともに、収納・インテリアなどの快適性を追求しました。


中古リノベーションから新築戸建て・平屋に変更 性能&プランを思い通りに 北見市О邸・光栄建設

取材記事 中古リノベーションから新築戸建て・平屋に変更 性能&プランを思い通りに 北見市О邸・光栄建設

光栄建設は、住宅の性能追求や地中熱ヒートポンプ、ペレットストーブなど住宅関連の技術に加え、工場(プラント)や店舗...

この記事を詳しく見る

平屋住宅施工事例 ニセコ移住。ネコと自然の中で暮らすロフト付き平屋 ニセコ町・Yさん/アウラ建築設計事務所



オーナーのYさんは、北海道のニセコに移住し、息子さん、猫たちと暮らしています。お料理をしながら、窓越しに四季が感じられるキッチン。北海道らしい樹木や、遠くにはニセコアンヌプリなどの山々も見えます。これだけの窓があって水仕事をしていても、キッチンスペースはまったく寒くないのだとか。

「イギリスでは、裏庭を見渡せるようなキッチンのつくりが普通だったんですよ」と話すYさん。主に、家づくりの打ち合わせはメールで行ったそうですが、この眺望を大事にするために、プラン時には山下さんとYさん親子3人が現地に集まって間取りの位置を決めていったそうです。ニセコでマイホームを建てるのに、「ハウスメーカーのつくる家は、どれもありきたりに思えて」と話すYさん。どこにお願いしようか、とインターネット検索をした中「ピン!」ときたのが、山下さんが手がけた家でした。さらに、シニアにやさしい家づくりもしていることから、「平屋でも眺望の良い家を」とお願いしたそうです。


ニセコ移住。ネコと自然の中で暮らすロフト付き平屋 ニセコ町・Yさん/アウラ建築設計事務所

取材記事 ニセコ移住。ネコと自然の中で暮らすロフト付き平屋 ニセコ町・Yさん/アウラ建築設計事務所

今回、「ニセコで建てたオーナー様の素敵なおうちがあるので、見に来ませんか」と、アウラ建築設計事務所の山下一寛さん...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 子どもを大切に見守る、省エネ&平屋の注文住宅 /音更町・N邸 株式会社石井建設



N邸は平屋建てですが、高さは地面から最大約6.3メートル。カーポートもあって大きな家という印象です。玄関を入ると正面には中庭。室内の日当たりや風通しを良くするには大きな窓を設けるという選択肢もありますが、それは同時に防犯上、そしてプライバシー確保という意味ではマイナスに作用することもあります。中庭なら、そういう面をあまり心配せず屋外の光や風を取り込むことができます。



天井が最大4メートルもの高さがある一階リビングです。開放感と見晴らしも魅力です。

平屋建てにしたのは、家族のコミュニケーションを重視したからです。「私も子どもの頃、学校から帰ったら2Fの子ども部屋にすぐ籠もることがあって・・・。家を建てるなら、わが子の様子を見守りやすい平屋の家が良いなと思っていました」と話してくれたのは奥様。ご主人も「敷地にゆとりがあるし、普段は庭仕事もあまりしないつもりなので、敷地を大きく活用したい」とのことで、プランは平屋を選択しました。


子どもを大切に見守る、省エネ&平屋の注文住宅 /音更町・N邸 株式会社石井建設

取材記事 子どもを大切に見守る、省エネ&平屋の注文住宅 /音更町・N邸 株式会社石井建設

ガルバリウムだけど手作業の優しい風合い Nさまファミリーが音更町内の住宅街に新居を完成し、引っ越ししたのは2017...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 シンプルなプラン・デザインの平屋住宅/サンケイ建匠



札幌市西区にお住まいのAさんご一家は、70代のご夫婦と社会人の娘さん、息子さんの4人家族。もともとお住まいだったお宅は築40年以上の断熱材が十分に入っていない家でした。ストーブの回りしか暖かくならず、冬は個室にいたくないほど寒かったのです。

玄関ホールの引戸を開けるとそこはもうリビング。長い廊下はありません。日当たりの良いリビングは家の中心にあり、個室はここから最短距離で行くことができます。シンプルでムダのない動線を実現しました。

リビングは、平屋なのに開放感があっていい感じです。天井が高く見えます。サンケイ建匠の湯浅社長に聞くと、「通常よりも10cm高くしており、それに合わせて部屋の引戸も天井いっぱいまである建具を使っています」とのこと。縦のラインが強調され、より天井が高く見えるわけですね。

「施工業者の選択は、建てた後住んでみるまで正解だったかどうかわかりません。イチかバチかの宝くじを買うような気持ちでしたが、完成して住んでみると期待以上のできばえで、ケチを付けるとことがありません。また、入居後の6ヵ月点検では、こちらが気づかないような小さな不具合も見つけ出し、きちんと修正してくれました。形だけの点検ではなく、アフターでもきちんとした仕事をされるので、ますます信頼を深めました。サンケイ建匠さんはすべての要望をかなえてくれた恩人という感じで、大感謝です」とご主人。きめ細かな配慮にお客様の立場に立った提案と的確なアフターが満足度を上げているようです。


シンプルなプラン・デザインの平屋住宅/サンケイ建匠

取材記事 シンプルなプラン・デザインの平屋住宅/サンケイ建匠

札幌市西区にお住まいのAさんご一家は、70代のご夫婦と社会人の娘さん、息子さんの4人家族。もともとお住まいだったお宅...

この記事を詳しく見る

平屋住宅事例 障がいがあっても自立生活できる住まい 江別市・Nさん/拓友建設

江別市にお住まいのNさんは年齢50代の女性です。生後10ヵ月でポリオウイルスに感染して小児麻痺となり、それ以来両方の下肢に麻痺があります。しかし杖も使わずに、なんとか仕事や日常生活をこなしてきました。

40代後半に差しかかった頃から、筋力の低下や体力の衰えを感じるようになりました。年齢を重ねれば多少ならずとも筋力、体力は低下していくものですが、Nさんの場合はポリオウイルスが感染した神経細胞や筋肉が老化する「ポストポリオ症候群」が原因でした。

なるべくなら杖や車いすに頼ることなく生活したいNさんでしたが、生活の不便だけでなく、足の力が入らなくなることで転倒してしまうことに大きな不安を感じるようになりました。ご両親が亡くなったことを契機に、それまで家族で同居していた住まいを安全で、障がいがあっても自立生活できる住まいに建て替えました。

「キッチンなどは介護を前提にした商品がほとんどで、障がい者の自立生活を前提にしたものは皆無に近かった」とNさん。

キッチンは(株)樋口(本社札幌市)の車いすでも使いやすいユニバーサルキッチンをL字型にアレンジしました。また、ダイニングテーブルをはじめとする家具類は、ソファなども含めNさんが使いやすいようオーダーしています。



平屋建ての住まいの全てのスペースに、車いすでアプローチすることができるよう室内の段差を完全に解消したのはもちろん、毎日お仕事に出かけるNさんがカーポートまでスムーズに移動できるよう、玄関から屋外にかけても完全にフラットにしています。

リビングの大きな窓からは陽が差し込み、庭が一望できます。リビングと庭の間にも段差が無いため、自由に行き来できます。一見雪が積もった時に影響が出ないか心配になりますが、窓のすぐ下側にロードヒーティングを敷設して対応してあります。雪が室内に入る心配を解消しただけでなく、災害時の非常口として機能します。

キッチンやカウンターなどは車いすの高さにあわせてあるだけでなく、車いすのままでも使いやすいよう様々な工夫がされています。

完成した住まいはNさんが想像していたより快適なようです。室内は杖での移動がメインになると想定したそうですが、車いすでどのスペースにもすんなり移動できるため、
「ここに住み始めてから、すっかり車いすばかり使っています」と笑っていました。


障がいがあっても自立生活できる住まい 江別市・Nさん/拓友建設

取材記事 障がいがあっても自立生活できる住まい 江別市・Nさん/拓友建設

バリアフリーの住まいづくりは設計・施工する側にとって、なかなか大変な仕事です。実績がある住宅会社・設計事務所でも...

この記事を詳しく見る

外が-28度でも部屋は暖かい!パッシブ換気で快適に暮らす 帯広市 イゼンホーム

帯広の郊外で農業を営むMさんご夫妻。「この冬、いちばん寒い時はマイナス28度。それでも家の中は、全部暖かかったんですよ」。そう話すお二人は、昨年12月にイゼンホームで家を建て替えてから、「とても暮らしがラクになった」と口をそろえます。老後も考えた平屋の住まい、Mさんご夫妻に家づくりのお話を伺いました。



奥さまの要望のひとつは、丹精込めてつくっているお庭をリビングの窓から眺められることでした。「奥さんの庭は、素晴らしいんですよ!」とイゼンホームの中村さんも言います。「シーズンになると、芝生の向こうに花々がとてもきれいに並んで、まるで公園みたいなんです」。その花々が、ベストポジションで眺められるうように、中村さんは家の高さや窓の位置を慎重に調整して設計しました。キッチンの右側(写真奥の扉)からは、ユーティリティー、バスルームがつながって回遊式動線に。「お風呂からキッチン、洗濯物を干す部屋と一直線の動線で、家事がとてもラクなんです」と奥さま。


外が-28度でも部屋は暖かい!パッシブ換気で快適に暮らす 帯広市 イゼンホーム

取材記事 外が-28度でも部屋は暖かい!パッシブ換気で快適に暮らす 帯広市 イゼンホーム

帯広の郊外で農業を営むMさんご夫妻。「この冬、いちばん寒い時はマイナス28度。それでも家の中は、全部暖かかったんです...

この記事を詳しく見る

その他のまとめ記事

札幌で家を買った体験談(連載1)きっかけはママ友への妬み!?
【札幌圏】我が家に薪ストーブを導入した15事例!
住宅の高断熱高気密総まとめ
【札幌】自然素材を活かした住宅13事例まとめ
札幌で住宅を建てた人の体験談まとめ30
新築戸建て住宅に住んで感じた不満 光熱費とキッチンに怒りの声
断熱リフォームのヤバい裏事情?(寒さ・結露)札幌リフォーム座談会(1)
注文住宅づくりの重要点1 人が通る寸法は「最低52センチ」
札幌圏で高断熱・高気密住宅を建てた10の体験談
2世帯住宅の作り方(札幌事例まとめ)
魅力的な住宅のキッチン10事例(札幌)
札幌のモデルハウス総まとめ!
iezoom(いえズーム)を見て家づくりを実現させたオーナー集

2019年07月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。