Column いえズーム コラム

「板張り」の住宅事例まとめ

板張りの住宅まとめ

「木の質感のある家に住みたい」

iezoomの取材の中でも、床に無垢材、外壁を道南杉の板張り、室内の壁や天井などにも板張りを採用する住宅にはたくさん出会います。今回は「板張り」の事例をまとめてみました。

外壁板張りの家 ニセコ町М邸/ヨシケン一級建築士事務所(札幌)


板張り

Mさんはご夫婦の2人暮らし。Mさんは山岳ガイド、奥さまは翻訳や執筆のお仕事をしながら、全部で1000坪という広大な敷地の中で、畑やガーデニングを楽しんでいます。経年した道南杉の板張りは、自然の風景にもマッチ。2階にはリビングの大きな3連窓が見えます。

庭の桜の木にはバードフィーダー(餌台)が取り付けられていて、ゴジュウカラやシジュウカラ、シメやカケスなどの野鳥が餌を食べにやってくるそう。その他にもアカゲラ、ヤマゲラ、ツグミなど、庭では多くの野鳥を観察することができます。


羊蹄山を望むピクチャーウィンドウの家 

取材記事 羊蹄山を望むピクチャーウィンドウの家 

札幌から車で2時間弱。羊蹄山を目前に望む自然豊かな集落に、Mさんのお宅はあります。東京で暮らしていた時分から、来道...

この記事を詳しく見る

板張り外壁の家 SUDOホームの新モデルハウスは札幌市中央区宮の森に

SUDOホームの新モデルハウスは、札幌市中央区宮の森、市街地を見下ろす高台に建っています。
1階にカーポートを組み込んだ三角屋根の外観は、大小の窓がランダムに配置されたユニークなフォルムが特徴的。
外壁は道産杉の下見板張りで、よく見ると木の自然なラインを生かした耳付き板。無垢材ならではのラフな印象です。
まるでニセコの山小屋のような雰囲気ですが、一体、中はどうなっているのでしょう。


「外」と「中」のあわいを楽しむ宮の森モデルハウス「SUN-GAKU」/SUDOホーム

取材記事 「外」と「中」のあわいを楽しむ宮の森モデルハウス「SUN-GAKU」/SUDOホーム

SUDOホームの新モデルハウスは、札幌市中央区宮の森、市街地を見下ろす高台に建っています。 1階にカーポートを組み込ん...

この記事を詳しく見る

家の中に小屋が? 板張りのカフェ風キッチン 札幌市手稲区・Nさん/リヴスタイル



キッチンは、「物を置きがちなので、中があまり見えないほうがいい」という奥さまの思いをベースにかたちづくっていきました。家の中に小屋があるようなイメージで、吹き抜けの2階まで板張りの壁にして、カフェ風に。

「木材はリヴスタイルさんにアドバイスでトドマツをナチュラルな感じに仕上げてもらいました。規格住宅でもかなり自由度が高いのは嬉しい驚きでしたね。わがままばかり言いましたが、柔軟に対応していただきました」と奥さま。


「家時間」を楽しむ家 札幌市手稲区・Nさん/リヴスタイル

取材記事 「家時間」を楽しむ家 札幌市手稲区・Nさん/リヴスタイル

café「35stock」から始まった家づくり 札幌の人気café「35stock」を知っている、行ったことがある方も多いでしょう。今回...

この記事を詳しく見る

外壁はカラマツの板張り 藤井光雄工務店・藤井さんの自邸(北海道東神楽町)



藤井さんは、自宅と事務所の外壁にカラマツの板を使っています。製材の角を面取りし、天然成分でできている浸透型防汚保護剤(ウッドロングエコ)を塗り、釘で壁に貼り、再度ウッドロングエコを塗ります。

施工後、年数を重ねると雨が当たるカ所は色あせが進み、色が灰色っぽくなります。しかし腐ることはなく、色の変化がむしろ味に・・・。生木なので、自然な乾燥収縮で反ったり、隙間が空いたりしないのかと心配する人もいますが、実際は壁に打ち付けた釘の方が強く、メンテナンスなしでも問題なく、むしろ自然素材の味わいが増しています。

藤井さんに、サイディングなどではなく、なぜカラマツの板を外壁に使ったのか聞きました。

藤井さん「サイディングは雨風や紫外線などの影響で、年数が経過すれば性能面、そして見た目も劣化しメンテナンスが必要になります。工業製品は廃盤になることもあり、外壁全部を貼り換えなければならないケースもあります。それに比べ、カラマツの製材なら耐久性も強く、永く使い続けられ、地元の山にもありますから、いつでも何年経っても調達できます」


旭川圏で自然素材&エコ住宅なら藤井工務店

取材記事 旭川圏で自然素材&エコ住宅なら藤井工務店

藤井工務店とは? 皆さんは、どんな家で、   どんな暮らしがしたいですか?   例えば、   暖かく暖房費も...

この記事を詳しく見る

ガルバリウムと道南杉でシャープな外観 北海道小樽市C邸/丸三ホクシン建設



小樽市内の小高い丘の上に、そのおうちはありました。外壁はブラックのガルバリウムと、道南杉の板張りの組み合わせ。ナチュラルな風合いを感じる住宅が多い丸三ホクシン建設ですが、C邸は施主の要望も加わって、シャープな印象が強い外観デザインになりました。

外壁全体を板張りする仕様も魅力的でしたが、年数が経過したときに、施主自ら板張り部分を塗装するメンテナンスができるように、手の届く範囲だけを板張りにしました。


ガルバリウムと道南杉でシャープな外観~木の香りと家族の笑顔が溢れる小樽の家

取材記事 ガルバリウムと道南杉でシャープな外観~木の香りと家族の笑顔が溢れる小樽の家

小樽市内の小高い丘の上に、そのおうちはありました。外壁はブラックのガルバリウムと、道南杉の板張りの組み合わせ。ナ...

この記事を詳しく見る

札幌近郊でスローライフ!田園風景広がるカフェ併設の家(北海道長沼町)/白田建築事務所



白田建築事務所で念願のカフェ兼住宅を新築したSさん。札幌から車で60分、のどかな田園風景が広がる長沼町でご夫婦が営むのは、そば粉をクレープのように焼き様々な野菜や肉類、ソースなどを添えていただく“ガレット”をメインにした「カフェ コフェル」です。

ご主人「OSBや天井材表しの構造や木の温もりが感じられる家づくりが自分たちの希望にぴったりだと感じ、すぐに連絡しました」。

白田さん「この場所を見て、この景色を活かしたい、Sさんご夫婦の希望を形にしてあげたいと思いました。壁や天井材を表しにするので、木の組み合わせや窓の収まりも配慮しました。店舗なので、天井高を2650mmと通常よりも250mm高く設定し、高さ方向も広がりを感じさせる設計にしました」



リビング・ダイニングも天井の梁やOSB表しで、床には赤松の無垢材が使われています。構造体を表しにすることでより広さや高さが感じられます。


札幌近郊でスローライフ!田園風景広がるカフェ併設の家/白田建築事務所

取材記事 札幌近郊でスローライフ!田園風景広がるカフェ併設の家/白田建築事務所

白田建築事務所で念願のカフェ兼住宅を新築したSさん。札幌から車で60分、のどかな田園風景が広がる長沼町でご夫婦が営...

この記事を詳しく見る

外観は全面道南杉の板張り。「江丹別」(旭川)の レストラン「Chirai」/旭川市・アーケン



「江丹別(えたんべつ)」に「Chirai」(チライ)というおいしいレストランがあることをご存じですか?外観は全面道南杉の板張り。天気が良ければ、広いウッドデッキで食事もでき、ワンちゃんと一緒に食事もokです。



店内の天井はウェスタンレッドシダーの板張り。板張りのラインが、カウンター、ベンチと同じ方向で空間自体をシャープに見せています。このお店の自慢の一つ。5.5メートルの大きなカウンターテーブルは



北海道民おなじみの木「白樺」をきこり、家具職人、建築家、林業研究者、地元の生産者、学生、地域おこし協力隊員などたくさんの人の力を借りて江丹別の山から伐り出し作成しました。


「江丹別」(旭川)の レストラン「Chirai」の魅力

取材記事 「江丹別」(旭川)の レストラン「Chirai」の魅力

「江丹別(えたんべつ)」に「Chirai」(チライ)というおいしいレストランがあることをご存じですか? 店名の「Chirai」...

この記事を詳しく見る

十勝産カラマツを使った家づくり 芽室町Kさん/水野建設



「ミニマリスト」とは、最小限の上質で必要なモノだけを持ち、お手入れをしながら大切に使うことで、最大限豊かな暮らしをする人たちです。手造り品や自然素材のアイテムは、そうしたミニマリストの暮らしにぴったりです。厳選したモノに囲まれて暮らすと、心も豊かになれます。

水野建設は以前から十勝産カラマツを使った家づくりを推進し、「とかちの木で家をつくる会」のメンバーにもなっています。床は道産カラマツの無垢材。壁は白くて一見ビニールクロスのようですが、「オガファーザー」と言う紙とウッドチップでできたドイツのオーガニックな壁紙です。


薪ストーブに200mm断熱、地産地消の平屋 芽室町Kさん/水野建設

取材記事 薪ストーブに200mm断熱、地産地消の平屋 芽室町Kさん/水野建設

ミニマリストに向けた家を提案 「ミニマリスト」とは、最小限の上質で必要なモノだけを持ち、お手入れをしながら大切に使...

この記事を詳しく見る

旭川家具が似合う!昭和木材・和モダン平屋の家



「マイホームは木造平屋が希望でした」と話すSさん。候補に上った会社はいくつかありましたが、どこも条件が今ひとつ。そんなとき、Sさんがスマホで見つけたのが大正2年創業の100年企業・地元旭川の昭和木材住宅事業部でした。

木のぬくもりに包まれた、和のテイストとこだわりの旭川家具がうまくミックスしたSさんの家をご紹介します。

タモ材の竿縁天井がモダンな和のたたずまいを見せる、開放感たっぷりのリビングルーム。ロフトも造れそうな高さですが、Sさんご夫妻はあえて設けず、この開放的で明るい空間がお気に入りです。

フローリングは、幅が異なる3種類を乱張りしました。デザイン性に優れているだけでなく、温湿度の差で伸縮する無垢材の弱点を緩和する効果もあるのだとか。

息子さんたちの部屋も、木目調のフローリングではなく、本物のナラ無垢フローリングです。「家のなかにある木の、それぞれ異なる表情を見ているのが好きですね」とご主人。「子どもにも木にたくさん触れてもらいたいので、すべてを無垢フローリングにしました」。息子さんたちの部屋も、木目調のフローリングではなく、本物のナラ無垢フローリングです。「家のなかにある木の、それぞれ異なる表情を見ているのが好きですね」とご主人。「子どもにも木にたくさん触れてもらいたいので、すべてを無垢フローリングにしました」。


旭川家具が似合う!昭和木材・和モダン平屋の家

取材記事 旭川家具が似合う!昭和木材・和モダン平屋の家

「マイホームは木造平屋が希望でした」と話すSさん。候補に上った会社はいくつかありましたが、どこも条件が今ひとつ。そ...

この記事を詳しく見る

旭川の隣、東川町で小岩組がモデルハウス公開



一階部分は道南杉の板張り。リビングの窓やウッドデッキからは一面に広がる田んぼ、そして十勝岳や大雪山系の山々が見えます。夏の日射をある程度遮るために庇を設けています。このモデルハウスのカーポート兼物置も住宅部分と素材感を揃え、道南杉を外装に張っています。灯油タンクなども住宅の入り口側からは見えない位置に配置されています。

車庫や屋根のデザイン、植栽などの配慮で、東川町の住宅街は、周囲の田園風景や山々の景観も含め、美しい景観づくりができているのが魅力です。


旭川の隣、東川町で小岩組がモデルハウス公開

取材記事 旭川の隣、東川町で小岩組がモデルハウス公開

小岩組の魅力は? 旭川の隣町、東川町に、高気密高断熱住宅の家づくりを得意とし、東川町への移住者からも高い評価を受け...

この記事を詳しく見る


目次

2020年06月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。