Column いえズーム コラム

【旭川】新築住宅の体験談12

旭川で新築住宅を考えているなら、実際に新築で家づくりをした人の体験談をご覧になるのが早道かもしれません。



地元にお住まいの方、移住してこられた方、スローライフを楽しむ暮らしなど、旭川圏ならではの暮らしもご紹介します。

旭川の新築住宅 ナラ、タモ、チーク…6種類の木で作った壁が評判 昭和木材


ナラ、タモ、チーク…6種類の木で作った壁が評判 当麻町S邸

取材記事 ナラ、タモ、チーク…6種類の木で作った壁が評判 当麻町S邸

当麻町のSさんファミリーは、旭川方面にお出かけした際、たまたま昭和木材のモデルハウス「凛」が平屋のプランだったこ...

この記事を詳しく見る

お隣のペットの鳴き声や生活音が聞こえる古いアパートで暮らしていたSさん。プライバシーも心配で引っ越しを考えましたが、当麻町では新しい賃貸住宅が少なく、気に入った新築物件を見つけても家賃が高いことからマイホームづくりに踏み切りました。

その後、時間を見つけては奥様と一緒にいろいろな会社のモデルハウスへ。間もなく昭和木材が旭川市永山町で公開している和風平屋建て住宅「凛」との運命的な出会いが訪れました。「タモの突板を貼った勾配天井のリビングが特に印象的。1階と2階の行き来がなく、ワンフロアで生活できる平屋建てのプランにも魅力を感じた」というご夫妻。

モデルハウスを見て完成形のイメージが掴めたため間取りや内・外装など細かい部分を決めるのにそれほど時間がかからなかったといいます。新居に移り住み、平屋の良さを改めて感じたと語るSさんご夫妻。「実際に住んでみると、階段の昇り降りのない家は本当に暮らしやすい。掃除も楽です(奥様)」。

旭川の新築住宅 コンクリート製キッチンが映える大工さんの家 アーケン


コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

取材記事 コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

今回、いえズーム編集部が取材にお邪魔したのは旭川のK邸です。建て主は日頃からアーケンの住宅施工現場で活躍する大工さ...

この記事を詳しく見る

以前の住まいを出ることになり、お子さんの小学校入学を数か月後に控えていたため、当初は中古物件を検討。住みたい地域を絞ったものの予算オーバーとなり、悩んでいました。そこでアーケンの太田貴洋さんに相談すると、新築が射程に入ることが分かりました。
「いざ家をつくれるとなると『ああしたい、これもできる』となりました」とご主人は笑います。

薪ストーブは、新築住宅現場で何度もその魅力に触れてきたご主人の憧れ。高い断熱性能も手伝い、旭川の厳しい冬、床暖房オフでも十分暖まりました。奥様は植物にもこだわり、「日がたくさん入って、とにかく開放的に」とオーダー。薪ストーブ効果もあり、初めての冬も葉をあまり落とさず元気でした。

旭川の新築住宅 北欧モダンな街中のコンパクトハウス  昭和木材


北欧モダンな街中のコンパクトハウス 旭川市・Mさん

取材記事 北欧モダンな街中のコンパクトハウス 旭川市・Mさん

仕事に子育てに忙しい共働きのご夫婦が建てた買い物に便利な住宅地の中の木のぬくもりに包まれた住まい。 延床面積約28坪...

この記事を詳しく見る

お子様の成長に伴い、それまで住んでいた1LDKのアパートが手狭になってきたことから子育てしやすい環境を求めて新築を決意したMさん。2020年暮れ、大きなスーパーまで歩いてほんの数分の場所にある約47坪の土地にナチュラルモダンな外観のマイホームを完成させました。

「入居後、娘の言葉の発達が目立つ」というMさんご夫妻。特に「パパのお部屋」「2階」など“家”に関する言葉をたくさん覚え、何をする場所かもわかるようになったといいます。「書斎や子供部屋のある一戸建てに住んで世界が広がったせいかも」とお2人。お子様の発育において住まいの果たす役割がいかに大きいか改めて考えさせられました。

東川町の新築住宅 東川町で愛されるパン店「18ベーカリー」と店舗兼住宅 セルコホーム旭川


東川町で愛されるパン店「18ベーカリー」と店舗兼住宅/セルコホーム旭川

取材記事 東川町で愛されるパン店「18ベーカリー」と店舗兼住宅/セルコホーム旭川

道の駅ひがしかわ・道草館や東川町役場から徒歩10分、まちの中心部にある18(いちば)ベーカリー。2020年11月のオープ...

この記事を詳しく見る

小森工務店の設計の自由度や対応の細やかさに惹かれたといいます。「担当の諸橋さんは家づくりの実績がこれまでの経験からいろいろとアドバイスをしてもらえるし、相談もしやすくて安心感がありました」
「プラン時からの間取り変更や追加工事など、諸橋さんには本当によく対応をしていただきました。セルコホーム旭川・小森工務店じゃなければ、このお店の“顔”もつくれなかったし、ここまで暮らしやすい家にならなかったと思います」。そう言って、パン屋さんらしい爽やかな笑顔を見せるお二人です。

旭川の新築住宅 前編 おうちサロンのできる家づくり アーケン


前編 おうちサロンのできる家づくり 離乳食・幼児食の園田奈緒先生のご自宅/旭川・アーケン

取材記事 前編 おうちサロンのできる家づくり 離乳食・幼児食の園田奈緒先生のご自宅/旭川・アーケン

Iezoom(いえズーム)は「住宅」がテーマのサイトなので住宅性能や住み心地の話が多くなります。 でも、なかには自宅で雑...

この記事を詳しく見る

旭川市東鷹栖の園田邸は、奥さまが住宅に「おうちサロン」の機能を持たせ、自宅でビジネスを行っています。2013年に離乳食アドバイザーとして起業し、当初は会場を借りて離乳食教室を行っていましたが、自宅で子どもを見守りながら仕事がしたい、子育て環境の良い家も欲しい、多趣味なご主人が楽しく過ごせる家も作りたいということで、2015年に自宅を建てました。家族が過ごす空間と、お客様をお招きして教室を開く空間を分けることができ、準備や運営、後片付けもしやすくなりました。

旭川の新築住宅 ビルトインガレージと一階寝室で安心・快適な家に セルコホーム旭川 小森工務店


ビルトインガレージと一階寝室で安心・快適な家に/旭川市T邸/セルコホーム旭川・小森工務店

取材記事 ビルトインガレージと一階寝室で安心・快適な家に/旭川市T邸/セルコホーム旭川・小森工務店

奥さまのご実家が北米スタイルの家だったことから、自分たちのマイホームも輸入住宅にしようと考えたTさんご夫妻。カナデ...

この記事を詳しく見る

旭川なので真冬は外がとても寒く、雪は多いですが、家の中はとても暖かいですね。熱源は都市ガスで、暖房をつけっぱなしにしていても電気代以外の暖房・給湯費は月に2万円程度。一戸建てに住むきょうだいからも、「安くていいなあ」と、うらやましがられています。

いまは育休中で、家のなかで子どもと過ごしています。このLDKの眺めが大好きです。家事も動きやすくて、使いやすいのも気に入っています。

旭川の新築住宅 後編 楽しいガレージライフ&インテリア水槽 


後編 楽しいガレージライフ&インテリア水槽 元断熱職人のこだわりご自宅ご紹介/旭川・アーケン

取材記事 後編 楽しいガレージライフ&インテリア水槽 元断熱職人のこだわりご自宅ご紹介/旭川・アーケン

前編は、奥さまがご自宅で離乳食の教室を開くための家づくりをご紹介しました。 前編 おうちサロンのできる家づくり 離乳...

この記事を詳しく見る

皆さん。男性の趣味は、家の中に収まらないものが多いということにお気づきですか?ガレージライフの本場アメリカでは、車をしまうだけではなく、車を整備したり、日曜大工の工具を置いて作業する作業場、さらには趣味を心置きなく楽しむ秘密基地的な意味あいもあるそう。カルフォルニア系デザインのガレージが欲しかったご主人はアーケンの藤原社長に相談し、旭川の積雪荷重にも耐える、しかもデザインの良いガレージを購入、ガレージ内部に、木造で小屋を作り、好きなスポーツのグッズなども並ぶお気に入りの空間に仕上げました。

東川町の新築住宅 小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手 株式会社小岩組


【北海道・東川移住】小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手・鶴岡邸

取材記事 【北海道・東川移住】小岩さんは家づくり&移住の良き相談相手・鶴岡邸

平成15年に神奈川県鎌倉市から北海道東川町に移住し、東川町の優良田園住宅で約300坪もの広大な土地を購入した鶴岡さんご...

この記事を詳しく見る

平成15年に神奈川県鎌倉市から北海道東川町に移住し、東川町の優良田園住宅で約300坪もの広大な土地を購入した鶴岡さんご夫妻。小岩組でマイホームを建て、夫婦で家庭菜園やスキー、登山、さらにご主人は無線やブログ、奥様は絵手紙なども含め大いに東川ライフを10年以上満喫されています。平成27年には奥様の妹さんも東川に移住、同じく小岩組でマイホームを実現されました。

東川町の新築住宅 東川町に惚れ込んで横浜と2地域居住! 


東川町の魅力に惚れ込んで横浜と2地域居住!暖かい家から眺める雪明かりに感激 小岩組

取材記事 東川町の魅力に惚れ込んで横浜と2地域居住!暖かい家から眺める雪明かりに感激 小岩組

2015年に東川町に家を建て、職場や自宅のある神奈川県から東川町に夫婦で通う二地域居住を実践する山﨑夫妻。東川町での...

この記事を詳しく見る

2015年に東川町に家を建て、職場や自宅のある神奈川県から東川町に夫婦で通う二地域居住を実践する山﨑夫妻。東川町での暮らしがどんどん楽しくなって、今では神奈川から東川町の自宅に着いた時に「ただいま」と思わず言ってしまうほど東川町、そして東川の我が家にすっかり馴染んでいます。

高性能断熱材で住宅を外側からすっぽり覆う外張り断熱工法=SHS工法を採用し建設したことで、室内では冬の寒さに困ることが全く無いといいます。「うっかり薪ストーブを長く焚いていると、家の中で汗をかきます」とご主人。「そういえば夏も冷房が必要ありません。外が暑くても室内は涼しいから」と奥さま。

旭川の新築住宅 規格化で高性能ローコスト住宅を実現 しろくまハウス


しろくまハウス(旭川)の住宅10事例まとめ

取材記事 しろくまハウス(旭川)の住宅10事例まとめ

しろくまハウスのコンセプト 旭川のアパート家賃は5万円台が主流です。仮に、その家賃分で住宅ローンを支払うなら35年ロ...

この記事を詳しく見る

旭川のアパート家賃は5万円台が主流です。仮に、その家賃分で住宅ローンを支払うなら35年ローンで、土地・建物と諸経費を合わせてざっと借入総額は1800万円です。しかしここ数年は、建材価格、そして大工や左官、基礎など技能士の人材不足もあって住宅の建物価格は2000万円くらいが相場です。土地代も含めると予算オーバーしてしまう・・・。

しろくまハウスは、住宅の仕様、性能を規格化。同じ品質でシンプル、コンパクトな家をたくさん作ることで職人さんの手間を減らし、共同仕入れで建材のコストダウン、打ち合わせや社内体制の無駄の削減、住宅展示場への出店や広告費のカットなど、工夫を重ね、性能も良いローコスト住宅にたどり着きました。

旭川の新築住宅 ミニマルで暮らしやすい平屋の家  昭和木材株式会社


ミニマルで暮らしやすい平屋の家 旭川/ 昭和木材株式会社

取材記事 ミニマルで暮らしやすい平屋の家 旭川/ 昭和木材株式会社

昭和木材株式会社の家は、SOLID WOOD「木の香りに癒やされる住まい」。100年続く老舗の木材会社だから、良質な木材の入手...

この記事を詳しく見る

2階建て住宅に暮らすご両親が上階を持て余している様子を見ていたこともあり、新築にあたってはご夫婦共に、当初から平屋建てを希望していたKさん。「木の温もりを感じられる家にしたかった」とも。それぞれの寝室の間にウォークスルー・クローゼットを設けたり、リビングに大型のパントリーを付けたり、洗濯専用室をつくったりと、自分たちの暮らしに合った間取りを追求し、見事に希望を形に変えることが出来ました。北欧スタイルのインタリアが似合う内装にも注目です。

旭川の新築住宅 上質で癒やされる和モダンな家 


木に囲まれた、上質で癒やされる和モダンな家 旭川市・Yさん 昭和木材

取材記事 木に囲まれた、上質で癒やされる和モダンな家 旭川市・Yさん 昭和木材

モダンで落ち着いた感じがするY邸の外観。表情豊かな塗り壁が印象的です。一歩中に入ると、天井や床、建具などにタモやウ...

この記事を詳しく見る

首都圏に住んでいたYさん一家は、奥さまの故郷の旭川にUターンし、東京出身のご主人が奥さまのご実家の家業を手伝うことになりました。旭川にきてから、ほどなく新居を新築することにしたYさん。当初考えていた工務店は予算をかなりオーバーしてあきらめることに。昭和木材は、担当の林さんが予算管理も含めて適切な提案をしてくれたことに高評価。柱の外側にも断熱材を貼る付加断熱が標準仕様、窓も念願のトリプルガラス入り樹脂サッシ(LIXIL エルスターX)で、「断熱性能も安心だね」と、昭和木材で家を建てようということになりました。

中富良野の新築住宅 大雪山を眺め「木」を楽しむ注文住宅 藤井光雄工務店


大雪山を眺め「木」を楽しむ注文住宅 中富良野町・T邸/藤井光雄工務店

取材記事 大雪山を眺め「木」を楽しむ注文住宅 中富良野町・T邸/藤井光雄工務店

景観&子育て環境で中富良野町に移住 森林管理・教育研究を行っているTさん。子育て環境の充実と、山の見える景観を求め...

この記事を詳しく見る

森林管理・教育研究を行っているTさんは、子育て環境の充実と、山の見える景観を求めて、富良野市から中富良野町に移住しました。T邸の外壁は道産カラマツの板張りで、自然の景色によく似合っています。内部は吹き抜けのある土間とLDKが一体型のおおらかな空間。土間にはデンマーク製の薪ストーブを置きました。依頼の決め手は「自然素材の活用や、間取り、照明などそれぞれの家での創意工夫が素晴らしかったから」と話すTさん。「藤井さんの配慮が住み心地の良さにつながっているんだといつも感じています」。

旭川の注文住宅 道産材を活用した三角屋根の2世帯住宅 


道産材を活用した三角屋根の2世帯住宅 旭川市神居

取材記事 道産材を活用した三角屋根の2世帯住宅 旭川市神居

この日向かったのは旭川市神居の住宅街。道産カラマツの板壁に赤い三角屋根の素敵なお宅が見えてきました。藤井工務店で...

この記事を詳しく見る

家づくりに使う材料についてうかがうと「本物にこだわり、できるだけ北海道産の材料を使っています」と藤井さん。外壁には節が抜けない、丈夫で固い道産カラマツを採用。自然素材からできた防腐剤で仕上げており、木の表面が時と共に深い茶色に変化していく様子も、本物の板壁ならではの味わいです。床材には道産のナラを、壁は道産ホタテの貝殻を原料にした、藤井工務店オリジナルの自然素材塗り壁材「ホタテ壁」を使っています。「どんな暮らし方がしたいか」からはじめる家づくりで、暮らし方に合った使いやすい間取りで、家の隅々まで愛着が沸く家になりました。

旭川の新築住宅 子育てを楽しむ赤い三角屋根の家 セルコホーム


子育てを楽しむ赤い三角屋根の家/セルコホーム旭川・小森工務店

取材記事 子育てを楽しむ赤い三角屋根の家/セルコホーム旭川・小森工務店

カナダ輸入住宅の魅力を採り入れながらも、さまざまな会社の住宅を見学してアイデアを反映、自分たちの暮らしに合ったマ...

この記事を詳しく見る

Yさんはカナダ輸入住宅の魅力を採り入れながらも、さまざまな会社の住宅を見学してアイデアを反映、自分たちの暮らしに合ったマイホームをつくり上げました。小森工務店(セルコホーム旭川)のスピーディーで的確な対応にも助けられたと話します。「ジブリの映画に出てくるような、赤い三角屋根の家が欲しいなと思っていました」と奥さま。間取りは家事楽な動線や子どもの成長に合わせプライバシーに配慮した造りに。専門のプランナーによる的確でスピーディーな対応にも満足な様子です。

士別町の新築住宅 自然素材と薪ストーブで「ありきたりじゃない」注文住宅 キタクラフト


自然素材と薪ストーブで「ありきたりじゃない」注文住宅 /士別市S邸/キタクラフト

取材記事 自然素材と薪ストーブで「ありきたりじゃない」注文住宅 /士別市S邸/キタクラフト

下川町の工務店・キタクラフトは、自然素材、造作家具、薪ストーブ、顧客の趣味やライフスタイルを重視した注文住宅など...

この記事を詳しく見る

旭川圏のハウスメーカーなどの住宅展示場やモデルハウスを見てもあまり興味が持てず、ありきたりの家には住みたくないという気持ちが強くなったというSさん。キタクラフトのオープンハウスで薪ストーブのある赤い屋根の家を見学する機会があり、無垢の床や薪ストーブの魅力に惹かれました。

ご主人「オープンハウスを見た段階で、キタクラフトさんに依頼すれば良い家が実現するだろうとは思っていたし、2回目の打ち合わせの際にはすでにプランも見せてくれて、あとは細かな好み、要望などを伝えていくと願い通りにいろいろ実現してくれました」。
奥様「暖かいし木の感触もとても気に入っています。キッチンも使いやすくてうれしいです」。

旭川の新築住宅 寒すぎる家を卒業! モダン+高気密高断熱のFPの家 大丸ホーム


寒すぎる家を卒業! モダン+高気密高断熱のFPの家 旭川市S邸/大丸ホーム

取材記事 寒すぎる家を卒業! モダン+高気密高断熱のFPの家 旭川市S邸/大丸ホーム

こちらが2018年2月に旭川市内に完成したSさんの新居です。この家の特長は、シンプルモダンなデザインと、そしてもう一つ...

この記事を詳しく見る

Sさんファミリーが新居を建てるにあたって最も重視したのは、住宅の断熱性能でした。以前暮らしていた寒い家、そして東日本大震災の記憶を踏まえると、住宅の基本性能がますます大切に思えてきました。ご主人は、動画で「津波で周囲の家が倒壊する中、FPの家だけ壊れずに、しかも断熱性能も落ちずに住み続けられた」という話も見ました。「FPの家は高性能で価格も安くはないが、暖かく丈夫ということは家族を守る家としては一番大事なことではないか」と考え、大丸ホームのFPの家を選んだと言います。

東川町の新築住宅 【北海道・東川移住】敷地は400坪!趣味満喫の注文住宅|花岡邸


【北海道・東川移住】敷地は400坪!趣味満喫の注文住宅|花岡邸

取材記事 【北海道・東川移住】敷地は400坪!趣味満喫の注文住宅|花岡邸

兵庫県出身の花岡さんご夫妻は、北海道旅行中に東川町の魅力を知り、約400坪の土地を買い、最高の田園風景が目の前に広が...

この記事を詳しく見る

2年前、旅行中に旭川市内の居酒屋で、関西出身で東川在住の方から、自然、水のおいしさ、利便性など東川町の魅力をたくさん聞いたんです。その話が気になって、東川町役場に行ってみたら、役場の方が移住にとても熱心で、移住支援の取り組みなどをいろいろ教えてくれました。

8年前に兵庫で家を建て替えていましたし、子どもたちもいるので、北海道移住の予定はなかったはずですが、東川町には、景観も自然も抜群、見渡す限り田んぼが広がる約400坪の宅地があったのです。

東川に移住したらどんな生活が待っているのかな?と思い、東川の情報をインターネットで探したりしていた時に、東川の住宅会社・小岩組さんのホームページを見つけたんです。すると私たちと同じように東川に移住して、家を建てて暮らしている方々の体験談があって・・次の北海道旅行まで待ちきれなくなって、小岩組に電話しました。私は以前も2度、家を建てた経験があって、その際はハウスメーカーの担当者と打ち合わせしました。ところが小岩組は、小岩社長が直接相談に乗ってくれて、しかも、住宅を受注しようといった商売っ気がほとんど感じられないというか、ガツガツしない感じの応対をしてくれたんです。

旭川市の新築住宅 コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/アーケン


コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

取材記事 コンクリート製キッチンが映える大工さんの家/旭川市・K邸

今回、いえズーム編集部が取材にお邪魔したのは旭川のK邸です。建て主は日頃からアーケンの住宅施工現場で活躍する大工さ...

この記事を詳しく見る

建て主は日頃からアーケンの住宅施工現場で活躍する大工さん!K邸では建て主でもあり大工さんでもあるという立場で、奥さまの要望を第1に、設計担当のアーケン・太田さんとともにこだわりの注文住宅を実現しました。

ご主人が大工とあって、自分で自分の家をつくるのは長年の夢だったに違いない―。そう思って聞いてみると、「持ち家願望は全然なくて。マンションでも十分で、欲もなくて…」と意外な答えが返ってきました。以前の住まいを出ることになり、お子さんの小学校入学を数か月後に控えていたため、当初は中古物件を検討。住みたい地域を絞ったものの予算オーバーとなり、悩んでいました。そこでアーケンの太田貴洋さんに相談すると、新築が射程に入ることが分かりました。

土地が先に決まると、プランニングが本格化。「いざ家をつくれるとなると『ああしたい、これもできる』となりました」とご主人は笑います。理想やイメージが次々に沸いてきました。

ご主人は15年来の縁である太田さんの家づくりを大工として関わってきました。連れられてよく現場を見学に来ていた奥様も「木をたくさん使い、開放感もすごく好きで…」と虜でした。

旭川市の新築住宅 道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介


道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介

取材記事 道北振興が旭川永山で公開中の「ホテルライク」「カフェ」テイストのモデルハウスご紹介

1957年、旭川で創業し累計6500棟もの住宅施工実績のある道北振興株式会社。 特に、モダンデザインを軸とするデザイン力、...

この記事を詳しく見る

1957年、旭川で創業し累計6500棟もの住宅施工実績のある道北振興株式会社。2021年2月13日にオープンした旭川、永山のモデルハウスを見学させていただきました。

道北振興がモデルハウスを公開する時は、お客様の要望を直接聞いている営業と、日々プランニングを行っている社内の設計スタッフが打合せを重ね、プランを決めています。今回の旭川、永山モデルハウスの場合は、モダンデザインをベースとしつつ「ホテルライク」「カフェ」などをキーワードにプランされています。

玄関ホールは自転車やベビーカーもおけるほど広い空間で「魅せる収納」を提案。玄関から数歩歩くと手洗いスペースがあるので、コロナ禍もあって人気です。間接照明や内装の素材感など、実際に見学にこられた方は、まさにホテルライクな雰囲気に驚かれるそうです。


目次

2021年08月現在の情報です。詳細は各社公式サイト・電話等でご確認ください。